INPUT ALPHA メールマガジン

素晴らしい人生のために/今日の応援歌
<<<< バックナンバー のページ >>>>
[45] [46] [臨] [47] [48] [49]  2001年 1月発行分    

[45]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2000.01.03
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【第 45 号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2000 vol.45---
[信念にまで高められた想像力] 著書「夢実現の為の法則」から。
中国首都医科大学及び付属北京同仁医院名誉教授 佐藤富雄先生
------------------------------------------------------------------------

明けましておめでとうございます。
今年も素晴らしい年でありますよう。

私達天風会会員が日頃実行している、観念要素の更改法の具体的な裏付けとなる
ことを読みましたので、ご参考までにご紹介します。 中村豊秀
------------------------------------------------------------------------

「信念にまで高められた想像力が、現実の姿を真実へと変えていく」人間は誰で
もなりたい自分になることができるし、夢を実現することができる。そしてその
ための法則がある。そう言うと「えっ、本当にそんなうまい話があるの」という
声が聞こえてきそうですが、そんな話があるのです。

北海道で農場経営をしていた父が長男の私に、自分のやりたいことや、私達に望
むことなど、いつも男らしい夢に満ちた話をしてくれました。そんな環境の中で
育った私は、いつしか父と同じように自分の描いた夢を口にする人間になってい
ました。そんな時、マクセル・マルツという人の「サイコサイバネティックス」
という本に巡り合いました。

(中村 豊秀 注 サイコの語源はギリシャ語の「心」、サイバネティックスは
同じくギリシャ語の「船の舵取り」を語源とする。つまり「人間の心の働きを知
ることにより、人間の行動をよりよい方向へ統制する」新しい方法論である。ち
なみに私も昭和43年に、言論科学に入社した時に購入して、勉強し、現在も蔵
書の一部として、時折読み返している素晴らしい名著である、産業行動研究所)

そこには「人間は自分に対する自己イメ―ジを持っており、長い目で見ると、人
間の体は、その自己イメ―ジの通りにしかならない」というようなことが書かれ
ていたのです。私はこの本を読んで大きなショックを受けました。
自分自身が、それまで漠然と考えていたことが、そこに明確な言葉で表されてい
たからであり、またそれが立派な本となって出版されていたからである。
これを契機として、自らの体験を、理論構築することに取り組み始めました。
やがて私はその答えを「夢実現の為の法則(仕組み)」として発見しました。
それ以来、本当になりたい自分、得たいもの、築きたい人間関係を、その法則を
用いることによって、次々と手中に収めることができるようになったのです。

それではその法則とは何か。それは私達の脳の働きに深く関係しているのです。
私達の脳は簡単に言うと、古い脳と新しい脳に分けることができます。

古い脳はいわゆる自律神経系と呼ばれるもので、体のリズムをコントロ―ルする
機能を持っており、呼吸や消化・吸収など、無意識のうちに行われるような体の
働きをつかさどってます。いわば人間の行動を制御するコンピュ―タの役目を果
たしており、目的が与えられると、その目的を達成するために自動的に働いてく
れるのです。

これに対して、新しい脳は大脳です。大脳は人間がものを考えたり、判断したり
する、いわば人間の意思の部分を担当しているのです。そして、人間がほかの動
物と違うのは、この大脳を発達させたことにあるのです。
この二つの脳は別々にそれぞれの役割を担って働いているのですが、大脳の持つ
想像力によって、二つの脳は結び付けられることになるのです。
古い脳は、本来人間の意思など受け付けずに、胃酸を出したり、血液を循環させ
たりするのですが、新しい脳(大脳)が想像したものに対しては、反応する特性
があるのです。

ここで重要なことは、古い脳は本当にあったことと、想像したものの区別をする
ことができないということです。どういうことかというと、古い脳は、想像上の
ことでも、それを真実として受け止め、それを具体化しょうとするのです。
わかりやすい例を挙げると、梅干しを頭の中に想像しただけで、唾液がでてくる
というのがそれです。大脳が思い描いたイメ―ジに自律神経が反応しているので
す。

このように、古い脳と新しい脳は、想像力によって結ばれているので、悲しいこ
とや苦しいことなどを大脳で考えていると、古い脳はそれに反応し、好ましくな
い影響を、体に及ぼしてしまいます。具体的にはそうしたイメ―ジによって顔色
が悪くなったりするのです。恐怖や悲しみによって顔色が変わります。
逆に楽しいことや嬉しいことを考えていると、それに反応して、満面の笑顔を作
ったり、元気発刺とした表情を作りだしたりしてくれます。

肝心な点は、大脳が描いたイメ―ジ通りに、自律神経系が働くということで、そ
れは事実とは無関係だということです。
自律神経系(体)の働きは、大脳(心)が思い描くイメ―ジによって、完然に支
配されているのです。つまり「意識が自分の体を支配する」という法則があるの
です。
そしてそれは即ち「人生は意識の産物」ということなのです。
このように人間には、目的が与えられれば、目的達成の為に自動的に働きだす精
巧な仕組みが、本来的に備えられているのです。あとは、その仕組みに目的を与
えるだけです。そしてその目的を決めるのは、私達自身の意識であり、大脳が思
い描く夢やイメ―ジこそが、その目的となるのです。

事実と真実は違います。事実がどうであろうと、自分はどう考えるのかという真
実、その自己像こそが人間の運命を支配するのです。だから、願い事のようにし
て自分を眺め、願い事のようにして自分の未来を考え、願い事のようにして自ら
が得たいと思うものを強く念じ続ければいいのです。その時「そんなことができ
るのだろうか」という現実に戻ってはならないのです。

夢を実現させ、人生を成功に導くためには、最初にどうしても手に入れておきた
い資質があります。それは楽天家であるということです。楽天的に物事を考える
ことができる人は、大脳のイメ―ジとして、否定的なイメ―ジを思い描くことが
ないからです。あらゆる出来事をポジティブに、前向きにとらえることができれ
ば、それは人生を成功に導く一番の近道になるのです。

私達は訓練によって誰でも楽天家になることができます。普段何気なく使う口ぐ
せに気を配り、常に肯定的、積極的な言葉を使うように心がけるだけでも、だい
ぶ違ってくる筈です。
口ぐせは一種の自己暗示でもあります。自らの発する言葉が大脳のイメ―ジを作
り上げます。自律神経系はその言葉を読み取るやいなや、その実現に向けて働き
始めようとします。だから口にする言葉は、事実でなくても構わないのです。
褒めことばや、感謝の言葉、自分が欲しいもの、なりたい状態、それらを絶えず
念じながら口にすることで、夢は少しずつ少しずつ、自分のいるところに引き寄
せられてくるのです。

想像するためには、知識と体験と情報という三つの材料が必要になってきます。
従って、想像力の質を高めるには、その三要素の質と量が充実していなければな
りません。この三要素を磨くためには、とにかくいろいろにものを沢山見て、自
分の手で触れて、実感として自分のものにしておくことです。そして何よりも人
間に対する飽くなき好奇心を持ち続けることが大切です。

人生目標は、それが遠大であればあるほど、その目的地を現実の視界の中にとら
えることはできません。それは成田からブラジル目指して飛んで行く飛行機が、
その着陸地点を全く視界に入れることができないのと同じことです。しかし人間
には、そんな目に見えない目標でさえも、現実のものとして達成させてしまう偉
大な機能が備わっているのです。それが、オ―トパイロット(自動操縦)の機能
です。例えば、10年後の自分はこうありたいという希望を持ち、その具体的な
イメ―ジを絶えず心の中に持ち続けたなら、人間に備わったオ―トパイロットの
仕組み、即ち自律神経系が目的達成のために働いて、必ずその目的地まで連れて
行ってくれるようにできているのです。

ところが多くの人は、時間が経つにつれて、今自分は果たして目的地に向かって
飛んでいるのだろうかと不安を感じて、オ―トパイロットでの飛行を、途中でマ
ニュアルに切り替えてしまうのです。

自分が決めた目的地まで、絶対に飛び続けるのだという気迫と信念を持って、オ
―トパイロツトでの飛行に挑んでもらいたいのです。

信念にまで高められた想像力は、現実を真実に変える力を持っていると言えるの
です。

************************************************************************
[46]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2001.01.10
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【第 46 号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。
----------◆CONTENTS◆------------------------------------2000 vol.46---

テレビ寺子屋 「お笑いコミュニケ―ション」
吉本興行常務取締役 横沢 彪(たけし)氏
------------------------------------------------------------------------

今日は「笑いは関西の方が本場だ。言葉が笑いに向いている」ということについ
て話してみたいと思います。
笑いは関西の方が上手だ。文化が生活の中に溶け込んでいる。関西弁も今はかな
りテレビのお陰でかなり抵抗感が無くなってきたようだ。イメ―ジ的には、うる
さい、やかましい、品がないというところだ。

皆さんもご承知の明石屋さんまは、日本一喋る男と言われている。朝から晩まで
喋っている。舞台だけでなく、事務所に帰ってからでもあの調子で喋りまくって
いる。さんまが寝ているのを見た人は殆どない。

今や関西弁は第二標準語といわれている。とくに笑いに向いている。
大阪は昔から商人の町だ。江戸は武士の町だ。物は全て大阪に集まる。そしてそ
こから江戸に下る。俗に下らないといわれるのは、物が悪くて、とても江戸に持
っていけないものを言っているのだ。
「商は笑なり」とも言われる。商いは笑顔でという意味だが、同時に儲かったら
大いに笑う。とても分かりやすい。天王寺の動物園のライオンの檻の前に看板が
立ってるが、そこには「噛みます」と書いてある。実に具体的だ。

価値観が関東と違う。儲けた奴が一番偉い。人を笑わした奴が偉い。
ボチボチとか、コテコテだとか同じ言葉を重ねて使う。
もともと喋り言葉を文字で文章にしても、なかなかおかしさが伝わらない。
喋るのは人となりや、個性がでる。日常でも漫才をやっているようだ。

普通、小学校のクラス委員には勉強ができる子供が選ばれるが、関西では、いわ
ゆるオモロイ奴が人気がある。
頭がよくてもだめだ、キャラクタ―がしっかりしてないと、信用されない。

研修で大阪に三か月ほど行っていた時、散歩していたら、商店街で安売りしてい
た。5万円と表示されてるテレビのところで、おっさんが「ねえちゃん、この5
万円のテレビなんぼや」と聞いていた。

「お前、アホやな」というのは、その裏に「俺も同じアホやで」が隠されている
。決して100%否定していないのだ。同じ仲間という視点で話している。
関東の「馬鹿野郎」は「俺は正しい」と100%相手を否定している。
だから、関西の人をおどかすには思いっきり「馬鹿野郎!」と怒鳴ったらおそら
く引っくり返るだろう。

やすし、きよしというコンビをご存じだと思いますが、漫才はボケとツッコミで
成り立ってます。日常でも、一般の人でも、子供とお母さん、学校でも、職場で
も笑いをとろうとする。自然と声も大きくなる。自己主張もする。
会話を楽しもうとする。生活の中に入っているから、かなりレベルが高い。
アホやボケが大切だ。だから横山ノックが2回も知事に選ばれた。あいつアホや
で、でも、俺達もアホやからええじゃないか、という具合だ。
東京都知事に石原さんがなった時、桂文珍が、東京はタカ派で、大阪はタコ派だ
と言った。そういう精神が笑いの精神だ。

ツッコミはお客さんを代弁してものを言い、ボケは自分の感情によってとんでも
ないことを言う。ツ―ビ―トのたけしときよしは、きよしがツッコミで、たけし
がボケ。日曜の夜のからくりテレビのさんまがツッコミで、周りのメンバ―がみ
んなボケだ。長嶋一茂、西村智美、中村玉緒やご長寿クイズの面々も皆そうだ。

東京のお笑いは落語だ。落語は自分一人で複数の人間を演じて笑いをとるのだが
、芸や品格や人間観察がどこまでできるかが問題で、品格の深さが要求される。

関西の漫才は面白けりゃいい、笑わせたらいい、儲けた者が偉い。単純、明快だ

東京は格好をつける。
関西は1.アホ的存在
2.格好いいかどうかより実質的、即物的の方が重要。

江戸時代の歌舞伎はいわゆる荒事といって、ちゃんちゃんばらばらだった。
関西は和事といって、男女の恋、許されない心中、ぬめっとした人情物だった。

関西の言葉は省略化が特徴だ。帰る時のあいさつが、「ほな」だけだ。それなら
とか、ほんならとか、さいならの省略化だ。省略の美学だ。
「めしいこか」食事に行くかの略だ。助詞の省略化だ。関西ロ―カル化が全国的
になりつつある。

************************************************************************
[46+1]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2001.01.01
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【新年増刊号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

------------------------------------------------------------------------
新世紀明けまして、おめでとうございます。
日頃のご愛読誠に有難うございます。みなさんのますますのご発展を心から祈念
いたします。

「困難と可能性は、実は同じ意味である」

もしこの世の中に、可能と不可能と、大きな二つのカテゴリ―しかないと考えて
見て下さい。そして、あらゆるものをこの二つの内のどちらかに入れて区別する
としたら、あなたは困難をどちらに入れますか。
多分可能の方に入れると思う。だって、困難なことは少なくとも、不可能ではな
いのだから、可能しかありません。

できるかできないかで言えば、できるの方に入っているのですから、あなたが何
か迷ったり、トラブルに巻き込まれたりして、それがどんなに困難な状況だとし
ても、それはまだ不可能ではないということです。

だとしたら、うわべの困難にだまされず、その中に包まれた可能を見極めること。
困難に出会ってもそれはいつも可能とセットだとしたら、もう慌てることはあり
ません。頑張りましょう。

又、別の側面から考えると、「できない」ということの方が「できる」というこ
とより、はるかにむずかしいのだ。
なぜならば、「できない」と言うには、、全ての可能性を検証しなければならな
いが、「できる」というのは、その内の一つの可能性があればいいのだ。

今年もお互いに力を出し合って頑張って元気にやっていきましょう。

2001年元旦
ヒューマンコミュニケーションセンター
所長 中村 豊秀
------------------------------------------------------------------------
明けましておめでとうございます。今年もご愛読下さい
インプットアルファ 小林 高一

************************************************************************
[47]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2001.01.17
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【第 47 号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2000 vol.47---
「TV報道と実際」 テレビ寺子屋 中山 靖雄先生
------------------------------------------------------------------------

オリンピックや、相撲、その他のニュ―ス解説を見ていて、いつも思うことが
ある。それは、そのいずれにも、一長一短があるということだ。遠くからよく見
えない時に、クロ―ズアップしてくれて、経歴、記録や試合経過のデ―タ等を詳
しく示してくれるので、大変有難い。又いろいろな角度で到底自分一人では掴む
ことができない所を、タイミングよく見せてくれる点は非常にすばらしい。

だが然し、反面現場の暑さ、寒さ、雰囲気が必ずしも完全に伝わるとは限らな
い。流れている音楽、放送、匂い等をキャッチすることができない。要はあくま
でスポット、スポツトの集大成に過ぎない。

気づかないうちにTVのの意見や評価を、自分自身の意見や感想であるかのよ
うに、他人に受け売りしている自分に気づいたことは誰でも少なからずある筈だ
。それはあなた一人のせいではない。マスコミが本質的に持つパワ―のせいなの
である。

受動的に聞き流しているだけでは勿論記憶に残らない。唱和しても、それは音
を追いかけているだけであり、意味としては記憶に残らない。然し一度見終った
あとで間をおき、次に主体的に繰り返そうとする時、しっかりと記憶に残る。
受動を能動に切り返した時、初めて自らの血肉となるのではないだろうか。

そのことを前提条件として、報道や事件や講演を受け止めてもらいたい。

「幸せは苦しみを無くすのではない。苦しみを乗り越えてから幸せになるのだ」
嫁と姑の事例。さんざんいじめられたお姑さんが亡くなってから、ああ、あれも
してあげたらよかったな、と後悔することもあり、ああ、このことを教えて下さ
ってよかったなと思うこともあるでしょう。しみじみ味わいのある言葉です。

「何気なく言ったその一言が、喜ばせもし、悲しませもする。しかも取り消しが
できない」
子供が80点取ったのに「もうちょっとで100点だったのに、だめねえ」やっ
と100点取ったのに「問題が甘すぎるわねえ。これじゃみんな100点でしょ
う」これじゃ、子供は一体どうしたらいいのか、わからなくなる。
お父さんは違う。80点取ったら「うわぁ、すごいぞ!お父さんも滅多に取れな
かったぞ、よくやった」もし100点取ったら「オ―イお母さん、赤飯だ。お祝
いだ」どちらの方が、子供にやる気を起こさせるでしょうか。

「力があるから重い物を持てるのではない。重い物を持つから力が出てくるのだ
」往々にして「いやあ、私にはとても無理です。そんな能力はありません。でき
ません」と言うが、やらないからできないのだ。やってみろ。何とかなる。まさ
に私の実行有言そのもので、聞いてて、思わずわが意を得たりと思いました。

最後に中山先生は、年に数回身体不自由児を集めてのイベントをなさるそうです
が、沖縄で七夕祭りをした時のエピソ―ド。17才で車椅子、しかもおしめをお
母さんに替えてもらう生活を長く続けている若い娘さんの話。
短冊に「何か願い事を書いてごらん。きっと神様が聞き届けてくれるよ」と言っ
たのですが、「何にもない」と寂しく首を横に振るばかり。何回言っても同じ。
あまりしつこく勧めても悪いなと思ってたら、暫くして「先生どんなことでもい
いの」「ああ、いいよ」やがてそっと差し出したその短冊には想像もしてなかっ
たことが書かれていました。「神様、もし許されるならば、私をお母さんの亡く
なる1日早く死なせて下さい」その行間には、若い娘さんにとって、お母さんだ
けが頼りなのです。おしめを他人に替えてもらうことの恥ずかしさを考えると、
不安で不安でたまらないのです。もう一つは、いつも苦労ばっかりかけているお
母さんに、せめて1日でも楽をさせたいとの想いが籠もっていました。

お母さんも涙を一杯溜めて読んでいましたが、やがて暫くしてお母さんが「先生
私も書いていいですか」「ああ、どうぞどうぞ」そこには「神様、もし許される
ならば、娘の1日あとに死なせて下さい」と書かれていました。そしてこう言い
ました「娘が身障者だったのは、神様が私達にその苦しみに耐える勇気があると
思われたから、私に与えて下さった試練だと思つたら、私は幸せ者です」と。

何とも言えない感慨にふけった価値ある1日でした。

************************************************************************
[48]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2001.01.24
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【第 48 号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2000 vol.48---
「お母さんの手」 5/9 テレビ寺子屋 吉岡たすく先生
------------------------------------------------------------------------

1.福岡出身で北海道に住んでおられるある女性からのお手紙です。
現在38歳の主婦ですが、18歳の時あるショッキングな事件があり、一度に
毛が抜けて、やがて生えてきたのが真っ白な毛でした。

そんな私ですが、それでもいいといって主人が結婚してくれました。ところが何
年か北海道に住んで、落ち着いた雰囲気の暮らしを続けている内に、だんだん髪
の毛が黒くなってきたのだそうです。

吉岡先生の親戚の方が、昭和19年の大阪の大空襲で焼け出されて、頼っていら
っしゃたそうですが、何とそれまで真っ黒だった髪の毛が、たった一夜で真っ白
になってたそうです。吉岡先生はびっくりしたそうですが、心が激変したら、体
が変わるということは確かにある。心の不安定が一番こわい。お母さんが子供の
心の安定化を図るのが一番大事なことなのです。

2.よく先生やお母さんが、子供に「先生は別に何も言いたくはないんだよ」
と言ってるが、顔は反対に、いかにも文句を言いたいという顔をしている。
子供は言葉よりも顔を見て判断する。子供は半分しか言えないかもわからない。
ところが子供は絵で自分の気持ちを表現する。

3.絵に点数をつけるのはおかしい。
人を見て好き嫌いがある。それはいけないことだろうか。私が嫌い、誰か他のが
見たら又違うかも知れない。だからいろんな夫婦ができる。3+5=8 それが7なら
間違い。どう思うか、こう思います。いかんというのはおかしい。

4.絵を画くということは心を画くことだ。お母さんの絵というテ―マを与える
と一番多いのは肖像画、次が働いてる姿。掃除、洗濯、炊事等。一方、お父さん
の絵というと、寝転んでいる。

さっちゃんが、両手だけの絵を画いた。しかもゴツゴツしてる。これは働いてる
お母さんの手だ。私はこのお母さんの手が一番好きだ。その時みな書きなさい、
では本音が出ない。

あっちゃんという男の子の絵。
布団がこんもりとしていて、中に誰か入っている。これお母さんか。違う、僕だ。
なぜこんな絵を画いたの。
昨日先生が「母の日には、お母さんにお早うと言ったら、その次に有難うと言う
ように」と言われたので、
朝言おうと思ったら、隣にお父さんがいたから、悪いと思って言えなかった。
朝ごはんの時は兄ちゃんや姉ちゃんがいたから、だめだった。
チャンスを狙って母さんのうしろについて歩いていたら、何をしてるの。外に行
って遊びなさい。と言われた。昼御飯の時も駄目。午後は母さんがお使いに行っ
てしまった。晩御飯も駄目だった。
寝床に入ってから、とうとう今日は言えなかったな、と思って布団の中で
「お母さん有難う」と言ったんだ。それでそれを画いたんだ。

その時吉岡先生は反省したそうです。
無理にありがとうを言えと言ったのは悪かった。きっとこの子は1日中、気分が
悪かっただろう。そして40人の子供達の中で本当に心から有難うと言ったのは
この子だったのではないだろうかと思ったそうです。

ある子が真っ黒な絵を画いてきた。よく見ると何かそこに画いてあるのがすけて
見える気がする。これは何と聞いたら、お母さんだと言う。昨日お母さんを画い
たのだが、夕方とても叱られた。
その内にだんだん腹がたってきて、口惜しくて、とうとう真っ黒に塗りつぶした
くなったの。

5.謝りなさい、謝れと子供に言ってるが、ひょっとしたら、寝てから布団の中
でごめんなさいと謝っているかも知れない。
聞こえない声を聞くのが大事だ。

************************************************************************
[49]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) =============================
┠●┼┨ 発行/2001.01.31
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【第 49 号】
┗┷┷┛==============================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。

ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2000 vol.49---
日本に「改革」は不可能なのか
ヒュ―マンコミニケ―ションセンタ― 中村豊秀
------------------------------------------------------------------------

日本は改革ができないのか。なぜ変化を起こすことができないのか。
ソフトバンクの孫正義氏が面白い話をした。
「タイタニツクのジョ―クをご存じですか」こんな話だ。
タイタニックの悲劇は乗員、乗客の数と救命ボ―トの数との不一致から起こ
った。およそ半数の人間しか乗れなかった。まずは女子供からボ―トに乗り
込む。大半の男達は極寒の海へ飛び込まざるを得ない。さて問題はここから
だ。死にたくないのは男でも同じだ。その男達をどうやって説得したかだ。

英国人にはこう言ったそうだ。「あなたはジェントルマンですね」
そうすると英国人は黙って海に飛び込んだ。
米国人にはこう言った。「あなたはヒ―ロ―になれます」
すると米国人は「そうだ、俺がヒ―ロ―だ」と言って海に飛び込んだ。
ドイツ人にはこう言った。「それがル―ルです」
ドイツ人はル―ルに従って海に飛び込んだ。
さて日本人には何と言って説得したのだろうか。この答えが情けない。
「みなさん、そうしていらっしゃいます。」
当たっているだけに涙がでる。
然もこのジョ―クの作者は外国人というから、情けなさも限度を超える。

「日本人のDNA」

それにしても、なぜ日本人は、人と同じであることに安堵を覚え、一人で新
たな行動を起こすことができないのだろうか。孫氏いわく、「理由は簡単で
す。答えはDNAにある」そう言って見せてくれたのが、科学雑誌「ニュ―
トン」の抜粋だった。
人間の遺伝子には「長い遺伝子」と「短い遺伝子」の二種類あるという。
この遺伝子の組み合わせによって、人間は三つのタイプに分類される。

タイプ1.「長い遺伝子」だけの人。・・・積極、果敢なタイプ。
タイプ2.「長い遺伝子」と「短い遺伝子」の両方を持つ人。
タイプ3.「短い遺伝子」だけの人。・・・慎重なタイプ。
米国人と日本人のこの3タイプの分布を調べると、国民性の違いが驚くほど
数字に現れているのだ。積極、果敢、変化を全くいとわない「長い遺伝子」
だけを持つタイプ1が、下表に示すように32.3%、タイプ2を併せると
米国人は80%以上の国民が「長い遺伝子」を持っているという。

[遺伝子の日米の比較]
----------------------------------------------------------
米国人 日本人
----------------------------------------------------------
長い遺伝子 タイプ1 32.3% 1.7%

長、短両方 タイプ2 47.7% 30.3%

短い遺伝子 タイプ3 20.0% 68.0%
----------------------------------------------------------
合 計 100.0% 100.0%
----------------------------------------------------------

一方、日本人はというと何と驚いたことに、タイプ1が僅かに1.7%だ。
タイプ2を足しても32%弱だ。国民の7割近くが変化を好まず、慎重さを
重んじるタイプ3だというのである。

絶望的な数字だ。だが救いはある。人間の性格形成における遺伝的要素は、
50%に過ぎず、残りの50%は後天的な要因にあるからだ。だから教育が
重要になってくるわけだが、経営者や組織の幹部であれば、こうした日本人
の現実を直視しなければならない。

黙っていたら、日本人は無意識に変化を嫌う。「できれば慎重に」と考えて
しまうだろう。然しそれでは何も変わらない。今は変化を起こせた者だけが
生き残れる時代である。日本人の7割を占める「短い遺伝子」しか持たない
タイプ3の気持ちをどこまで鼓舞できるか。それが今必要とされている「変
化」への第一歩なのである。

========================================================================
IA magazine 素晴らしい人生のために 毎週水曜日発行(週刊誌) No.49

発行■インプットアルファ http://www.futaba.ne.jp/~ko-ko/index.html
責任■小林 高一 ko-ko@futaba.ne.jp
執筆■ヒュ―マンコミニケ―ションセンタ― 中村豊秀 LDJ04070@nifty.ne.jp
配信■まぐまぐ 0000026706 http://www.mag2.com/

Copyright(C) 2000 Toyohide Nakamura All rights reserved. 無断転載禁止
========================================================================

トップページに戻る  メールマガジン一覧表に戻る  次の号を見る 前の号を見る