INPUT ALPHA メールマガジン

素晴らしい人生のために/今日の応援歌
<<<< バックナンバー のページ >>>>
[193] [194] [195] [196]  2003年 11月発行分    

[193]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.11.05
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 193 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2003 vol.193 -
テレビ寺子屋「子育ての基本」弁護士・さわやか福祉財団理事長 堀田 力先生
------------------------------------------------------------------------

今、元気なのはボランティアをやってる人と、女性です。一方元気のないのは治
家、企業人、官僚でしょう。10年前はそうではなかったんですが、いつまでも
経済が長続きするわけはありません。資源がなくなりますからね。大事なのは人
や、生活や、おじいちゃんや、障害者の人がお互いに助け合っていける、暖かい
家庭を持てる社会です。経済がある程度できたら、これからは人や、社会の発展
の段階で、子育ての基本ということについて私の考えを述べてみますので、正し
いかどうか判断してもらいたいと思います。

今私はボランティア活動をすこしでも広めるボランティアをしております。困っ
ているお母さん方や障害者の方のなにかお手伝いをしているわけです。

新潟で今中学生で、重度障害者の女子生徒のAさんという人がいます。彼女は生
まれた時から障害者で、ずっと車椅子生活です。家はいい家で、両親が真剣に育
ててくれてましたが、だんだん大きくなってくると、世間から冷たい目で見られ
て、邪魔者扱いされるようになったので、外にでるのが、嫌がるようになりまし
た。両親がなにか言っても、「どんなに冷たい目で見られるか、あんたには判ら
ないじゃないの。もし私と同じ苦しみがわかるならやるわよ」とひがんで、養護
学校にも勿論行こうともしない。中学生の年になったので、ボランティアのBさ
んという中年の女性にお世話してもらうことになりました。リハビリやその他、
いろいろと勧めるのですが、「そんなことをして一体、何になる。やる必要がな
いからやらない」と言ってました。

あるひょっとしたきっかけで、BさんがAさんに絵筆を持たせて、生まれて初め
て自由に絵を描かせたところ、色といい、形といい、素晴らしい絵だったので、
思わず、Bさんが感嘆の声を上げました。「まあ、何て素晴らしい絵でしょう。
あなたはこんな才能を持っていたのね」彼女にとっては、生まれて初めて褒めら
れたのです。人から初めて認められたのです。それまでは、いつもみんなから、
哀れみ、同情の言葉と、両親からは、「すまなかった、ごめんなさい」の謝りの
言葉しか聞いてなかったので、「あなたは素晴らしい」というこの賞賛の言葉を
聞いて、心から感動したのです。そして「自分はこんな体でもできるんだ」とい
う自信が沸いてきたのです。そして「もっと、紙を頂戴」と叫んで、夢中になっ
て、どんどん次から次へと描き続けました。もし学校なら、顔は丸く、目は二つ
鼻は真ん中に一つと決まっているでしょうが、ピカソは鼻が曲がっていようが、
目が端っこについていても何ともないように、彼女の絵も自由奔放なのです。

そこで、正式に絵の勉強に行かないかと勧めてみたら、それまでは、何一つ頑強
に反対していたのが、「行く、行く、行かせて」と言うんです。そこで、自由に
描かせてくれる先生を選び、絵の基本を勉強することになりました。Bさんが車
椅子を押して一緒に行って、共に勉強しましたが、Aさんはやる気を起こして、
自分から希望してやりだしたので、見る見るうちに驚くように上達しました。
Bさんも一緒に勉強したのですが、こっちは大したことはなかった。

先生も感心して、是非これは展覧会を開いた方がいいと思って、ある大きな郵便
局に交渉してその壁面に展示して貰いました。そして、AさんとBさんは隅っこ
の方で、じっと見てました。当日、郵便局に来たお客さんは、その独創的な絵と
鮮やかな色彩に感心して、一体どんな方がお描きになったのだろうと話し合って
いました。傍でそれをじかに聞いて、Aさんは本当に心から嬉しくなりました。
いろんな人が褒めてくれる。

そして、自分から養護学校へ行きたいと言い出しました。あれほど嫌がっていた
のにどうしてだと聞かれた時、こう答えました。
「皆が私の絵を認めてくれている。もし何か話しに来てくれた時に、何も知らな
かったら、恥ずかしい。だから、是非勉強したいのです。だから学校へ行かして
欲しい」やる気を起こして行きだしたのですから、絵の時と同じように熱心に勉
強して、すぐ追いついて、中学生のレベルになりました。

それまで親の言うことを聞かず、二言目にはこんな不幸な身にしてと、恨みや、
文句ばかり言っていたのが、親の言うことを素直に聞くようになり、更に「こん
な絵を描く楽しみを与えてくれて、本当に有難う」とBさんと両親に感謝するよ
うになったのです。リハビリも進んでやるようになりました。

人はだれでも、生きてて楽しい、認めてくれる、価値があると言われた時、本当
の生き甲斐を感ずるものです。それを、駄目だ、お前は役に立たないと言ったの
では、駄目だ。絵が好き、料理が得意、サッカーが上手だ、何でもいい。それを
認めてあげて欲しい。するとその子はやる気を起こし、頑張って当然他の勉強に
もその効果が出て来るはずだ。

あなたは駄目だ、呼び出しがあったじゃないの。駄目、駄目、駄目と否定ばかり
されたら、やる気が無くなる、おかしくなる。

昨今、子供が絡んだおかしな事件が頻発していますが、これも追い詰められた結
果というケースが多い。

知能障害者や、ダウン症の子供たちには、われわれが絶対勝てないものがある。
美しい、人を信ずる綺麗な心を持っており、お坊さんがどんなにやっても無理だ
と思うくらいです。
人に優しい、料理が上手、駆けっこが早いなど、素晴らしい点を認める。算数が
駄目、国語が駄目でも、おばあちゃんに優しい。ほとんどの責任は大人にある。
誰にでも必ずいい点がある。それを見つけることが大事だ。

水泳のインストラクターをしている森下順子さんの子供さんの8才の茂君は5才
の時、癌になり、神奈川県の病院に入院しましたが、進行が早くて遂に骨髄から
骨をとるという治療をします。ところがこれがとても痛いのです。もう一度それ
をしなければいけなくなった時、「もうあんな痛いのは嫌」だと言ってどうして
もやろうとしません。止むを得ずお母さんは7才の時、決心して、ついに茂君に
癌ということを告知したのです。そして、このままなら後3ヶ月だが、これをし
たら、6ヶ月は大丈夫だということを、判らせたら、「僕はお母さんと少しでも
一緒にいたいから、手術する」とようやく彼は納得しました。
やっと終って、お母さんが
「よく我慢したわね。痛かったでしょう」と言ったら、茂君は
「うん、痛かったよ。でもお母さんでなくてよかったね」と言ったんです。
たった8才の子が、お母さんでなくてよかったね、と他人を思いやりの心を持っ
ているのです。立派な意志力を持っているのです。

---<<ご協力お願いします>>-----------------------------------------------

卒業論文の作成にあたり、「歯に関する意識と歯科衛生士に関する調査」を行っ
ております。選択肢を選んでいただくだけの、簡単なアンケート形式です。
11月7日(金)までと、短い間ではありますが、よろしければご協力下さい。
回答先URL → http://carpediem.bambina.jp/dhenq.htm

●読者の方から依頼がありましたので、掲載します。ご協力お願いします。

************************************************************************
[194]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.11.12
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 194 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2003 vol.194 -
人は意外にそれほどたくさんのことは知らないのだ。
ヒューマンコミニケーションセンター/中村豊秀
------------------------------------------------------------------------

どんな人でも、オギャーと生まれた時から、今日、只今に至る間に、実際に自分
で、聞いた、見た、読んだ、感じた、教えてもらった、やってみた、それ以外の
ものは、何一つ頭の中には入っていないのだ。

そういうと、「何言ってんだ。俺はなんでも知っている。例えば、Aさんよりは
るかにたくさん知っているぞ」という人がいます。
たしかにあることについて、人より多くの知識を持っているということはありま
しょう。それが、趣味なり、専門にやっているからということもありましょう。

だが、私はその人に言いたい。
「じゃあ、そんなに言うなら、ご一緒に本屋に行ってみましょう。ズラッと並ん
でいる本の中で、どのくらい読んでいるでしょう」
背表紙だけでもい。一体、これは何と読むのか、何のことが書いてあるのか。万
巻の書のなかで、どのくらい知っているのか。たったひと握りに過ぎないのでは
ないか。しかも、一軒の本屋でも然り、それが、何千軒、何万軒、ごまんとある
のです。図書館、博物館、まだまだたくさんあります。いや日本だけではない。
世界各国にもたくさんあります。
さらに、明日になったら又新しいことが、明後日になったら、又新しいことがと
天文学的にドンドン広がって、無限の情報が存在しているのです。人にしても然
り、あなたより、もっと経験深く、年令、人格的に素晴らしく、知識も豊富な人
がたくさんいるのです。その時にたったひとかけらの鼻くそくらいのものしか持
ってないのに、いや、俺はなんでも知っていると言って、人の話に耳を傾けない
のは、おかしいと思います。

じゃあ、お前はどうだ、何でも知っているのか、と言われると思いますが、とん
でもない。もちろん、私もちっぽけなものしか持ってないということは、重々自
覚してます。だから、こうやって一生懸命に勉強しているのです。人間、死ぬま
での勉強です。自分にないもの、不足しているものを、人の話を聞いて成長し続
けていきたいと思ってます。

一番必死で、一番真剣にならなければいけないのはやはり企業のトップです。
人の話を一番熱心に聞く姿勢を示さなければいけないのもやはり企業のトップな
のです。その姿をみたら、社員は黙っていてもついてくるのです。

日頃経営トップに注意指摘してくれる人はいません。経営者だからこそ、身につ
けておかなければならない資質、そして、人間力を養うべきです。
更にその上で、危機管理に当たって、一番大事な戦略、戦術をしっかりと打ち出
し、それを、社員に周知徹底して実行に移させるコミュニケーション能力がなけ
れば目的達成は困難でしょう。

「現状維持は衰退への道」という言葉があります。だからこそ、学ばなくてはな
らないのです。

自分でも気がついていない癖、そして、それによって周囲にどんな影響を与えて
いるか。それは、誰も教えてくれません・・・
だからこそ、この機会を是非ご自身を振り返る機会にしてほしいと思います。

21世紀は変化に敏感に対応できる企業が勝つ!
挨拶や、返事、報告、連絡、相談といった当たり前のことがきちんとできる企業
が勝つ!

これから先も出逢いを大切にし、積極的なサポートをしていきたいと考えており
ます。

************************************************************************
[195]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.11.19
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 195 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2003 vol.195 -
[リーダーの動きがすべてを決める!]
ヒューマンコミニケーションセンター/中村豊秀
------------------------------------------------------------------------

ここ最近お会いしたある企業家の方が、私に貴重なアドバイスを下さいました。
「社員教育もいいけど、その前に経営者教育だよ」

リーダーの動きがすべてを決める!
彼はそこで、日産自動車の社長である、カルロスゴーンさんのお話をしてくださ
いました。

・ゴーンさんは経営者になる為のエリート教育を受けてきた。
・社員は最初、フランス人に日本の経営が出来るわけはないと、斜にかまえてい
た。
・しかし、彼の行動力は半端ではなかった。
・秘書が目が回るくらいのめまぐるしい行動力・・・
・暇さえあれば、販売店に行きお客様のニーズを聞く。
・日産リバイバルプランを徹底的に実施・・・
・日産は国が作った自動車会社で、今まではかなり官僚的であったそうだ。
・しかし、今や社員はゴーンさんのやることに賛同し、一致団結して
ついていっている。
・社員は今、土日なく働いている。勿論ゴーンさんも出てくる。
・今回ティアナというセダンタイプの新しい車を出した。
RV車が人気を呼んでいる昨今では、セダン車は売れないと言われた。
しかし、ゴーンさんは絶対に売れる!!と言い切った。
今見事に売れている・・・
・日本の企業はこのままじゃ駄目になる。
・ゴーンさんのように、思い切ってリーダーシップを発揮する人がいない。
・企業の再生については判断、決断の早さが物凄く重要になる。
・みんなが駄目と言っても、本物のトップはやろうと言ったら、必ずやる。

一番必死で、一番真剣なのはやはり企業のトップです。人の話を一番熱心に聞く
のもやはり企業のトップなのです。

日頃経営トップに注意指摘してくれる人はいません。経営者だからこそ、身につ
けておかなければならない資質、そして、人間力。

現状維持は衰退への道・・・という言葉があります。だからこそ、学ばなくては
ならないのです。

自分でも気がついていない癖、そして、それによって周囲にどんな影響を与えて
いるか・・・。それは、誰も教えてくれません・・・

だからこそ、この機会を是非ご自身を振り返る機会にしてほしいと思います。

21世紀は変化に敏感に対応できる企業が勝つ!

挨拶や、返事、報告、連絡、相談といった当たり前のことがきちんとできる企業
が勝つ!

************************************************************************
[196]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.11.26
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 196 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2003 vol.196 -
[接客業にとって一番大切なこと]
ヒューマンコミニケーションセンター/中村豊秀
------------------------------------------------------------------------

接客業にとって一番大切なことは、お客様との人間関係を作る楽しい会話能力だ
と、思います。

(1) 楽しい話題の作り方 「木戸に立ち掛けさせし、衣、食、住」と覚えよう。

キ・・気候や季節に関する話題 ド・・道楽や趣味等々の話題
ニ・・ニュースや情報、噂話 タ・・旅先の珍しい話
チ・・知人(但し、共通の)の話題 カ・・家庭や家族、金など
ケ・・健康、計画に関する話題 サ・・サスペンス、スリル
セ・・性(結婚や恋愛等) シ・・仕事や出身地等
衣・・衣服、流行、ファッション 食・・食べ物、好き嫌い等
住・・住まい、住所、交通等

(2) 相手を引き付ける話材

情報的な話材・・ニュース、噂、政治、事件、物価、ゴシップ
研究的な話材・・株、相場、講義、講演
娯楽的な話材・・テレビ、映画、演劇、ゴルフ、野球、サッカー、釣り

(3) 要注意・・聞き手に嫌がられる話材 (十分に気をつけること)

相手が不愉快になる話材・・・・・・・不平、不満、愚痴話、人の悪口
他人を中傷する話材、不吉な話材
相手が対立感情を起こすような話材・・極端な政治や、スポーツの話材

(4) 会話は聞くことから始まる・・話し上手は聞き上手

上手なあいづちの打ち方

同意を示す・・そうですね。私もそう思います。おっしゃる通りですね。
同情を示す・・大変でしたね。お気の毒でしたね。辛かったでしょうね。
喜びを共にする・・よかったですね。おめでとうございました。
悲しみを分かち合う・・残念でしたね。お力落としのないように・・。
軽く反対をします・・まさか、そんなことが。いくらなんでも・・。
驚きを示す・・へえー、凄いですね。本当ですか。びっくりしました。
転換を示す・・ところであれはどうなりました。話は違いますが・・。
促しを示す・・うん、うん、それでどうなりました。その次には・・。

会話の結論は快話でなければいけない。人間関係の潤滑油である。

========================================================================
IA magazine 素晴らしい人生のために 毎週水曜日発行(週刊誌) No.196

責任■小林高一/インプットアルファ現代情報研究所 ko-ko@bb.futaba.ne.jp
執筆■中村豊秀/ヒューマンコミニケーションセンター LDJ04070@nifty.ne.jp
配信■まぐまぐ 0000026706 http://www.mag2.com/ 登録と削除もこちらから

Copyright(C) 2000-2003 Toyohide Nakamura All rights reserved. 無断転載禁
========================================================================

トップページに戻る  メールマガジン一覧表に戻る  次の号を見る 前の号を見る