INPUT ALPHA メールマガジン

素晴らしい人生のために/今日の応援歌
<<<< バックナンバー のページ >>>>
[214] [215] [216] [217]  2004年 4月発行分    

[214]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.04.07
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 214 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.214 -
NHK/プロジェクトX「運命の最終フライト世紀の救出作戦」 中村 豊秀
------------------------------------------------------------------------

1985年3月200人の日本人の商社マン、技術者が、イラクを脱出しようと
していたが、外国の航空会社は自国民とEC加盟国だけといって、日本人は搭乗
拒否されて、みんな途方に暮れていた。1979年ホメイニが革命を起こし、
だんだん勢いが増してくるのを怖れたのが、イラクのサダム・フセインだ。結果
的に1980年から8年間イラン・イラクの戦争で100万人が死んだ。

1983年4月、妻と7ヶ月の長男と共に縣(あがた)直樹は、大阪の小学校教
師で7年のキャリアがあったが、なにかもう少し違うことをやっことをてみたい
と思い、海外の教師の試験に受かってイランの首都のテヘランの日本人学校に赴
任してきた。翌年、次男も生まれた。

1985年3月12日午前2時、2軒隣の家にイラクの爆弾の直撃弾が落ちて、
五人が死んだ。二人の幼子と、臨月の妻と共に地下室に避難した。

3/14日も又空爆があり、在イラン日本大使館の野村豊大使は、3/16に在留
日本人に緊急出国を勧告する決心をした。

東京銀行テヘラン支店に勤務している毛利悟は、一年間有効の航空券を持ってた
ので、すぐドイツ航空に行ったが、搭乗拒否された。当時日本の航空は乗り入れ
ていなかったのだ。

縣は3/17に何とかソビエト航空の3/21発の航空券を取得できた。だがし
かし、その晩日本人会からの電話で、イラクのフセインが、3/19日の午後
8時半以後、イランの上空を飛ぶ全ての民間機を撃墜するという宣告をした。
これでは間に合わない。一瞬目の前が真っ暗になった。

在イランのトルコ大使のイスメット・ベルセルは、丁度2年前、野村と同じに着
任し、それ以来家族ぐるみの交際をしている仲である。お互いに信頼感で結ばれ
た間柄である。野村はすぐ、日本人の避難のために、トルコの航空機を飛ばして
くれないかと、ベルセル大使に依頼した。

一方、10年前から伊藤忠トルコ駐在の森永尭は、時のトルコ大統領のトルグト
・オザルと、10年前からの関係があった。それは、当時経済担当の官僚だった
オザルは疲弊していたトルコをなんとか中東の日本のようにしたいと強く望んで
いた。その相談に乗ったのが森であった。そこで、森はトラクターの製造、販売
を提案、日本の技術指導の斡旋の労を取ったのだ。いろいろと努力した結果、非
常に順調にいき、輸出も伸びるようになり、大変感謝されて、彼が大統領になっ
た今でも、二人の間には深い親交が結ばれているのだった。

そこで、森はこの重大局面に当たって、直接にオザル大統領にトルコから特別機
を出してもらうべく、依頼することにした。交渉の結果、オザル大統領の決断に
より、GOサインが出たのだ。

とにあれ、野村大使とベルセルとのお互いを信頼し合っている人間関係のおか-
で、ベルセルが日本の窮境を救うべく、オザルに強く強く働きかけてくれ、更に
は、森永とオザルとの10年前からの人間関係から、大統領の決断が下りて、急
遽トルコから救援の為に、飛行機を派遣してくれることになった。その機長には
アリ・オズデミルが選ばれた。

飛行ルートはトルコから危険なイラン上空を避けて、迂回してカスピ海を南下し
て、そこからテヘランに入るルートを選んだ。

3/18、大使館は遂に全員に緊急退避命令を出すことにして、皆に連絡するこ
とにしたが、それぞれ各自に疎開していて、なかなか連絡がとれない。
すでにタイムリミットまでに24時間を切った。松山美実二等書記官は何がなん
でも全員に連絡しようと、夜の町に飛び出して行った。そして遂に全員に連絡が
ついた。

トルコでは出発態勢を整えて、アリ機長は満を持して待機していた。だがそこへ
イランから運航許可が出ない、待機せよとの連絡が入った。このことが、すぐイ
ランの野村大使に報じられ、野村はすぐイラン外務省に駆けつけて、必死になっ
て交渉の結果、1時間半後にやっと運航許可が出た。

直ちに離陸して、イランに向かった。だが又しても、イランの管制塔から、ジグ
ザグ飛行をするように指示が出た。そうでなくても迂回コースをとってるので益
々遅れると気が気でない。これは、もしかしてイラクの戦闘機がきたのではない
かと警戒の為の指示だった。
テヘランの空港では日本人の避難民が240人が待ち構えていた。全員が搭乗し
て今や遅しと離陸を待っていた。残り4時間になった時、大きな砲声がした。

3/19日午後5時10分、やっと出発時間がきた。後4時間以内にイラン領内
を出なければ、撃墜される。

飛び立って2時間後、機内にアリ機長の放送が流れた。「Welcome to
Turkey」。遂にトルコ領空に入ったのだ。「わぁっ」と、一斉に歓声が沸
き起こった。感激の瞬間だった。

縣の臨月の妻は、帰国後、無事三男を出産した。5ヵ月後、縣は単身でイランに
戻った。大使館員の子供達が3人、日本人学校で待っているからだ。3年の任期
の内、2年で帰ったからだ。

後日、1999年8月7日トルコを大地震が襲った。
多くの人達が犠牲になった。あの時、命を助けられた人達が立ち上がった。東京
銀行の毛利悟は仲間に呼びかけて500万の義捐金を集め、それをトルコの人達
に少しでもお役に立てばと持っていった。
伊藤忠の森永は全世界の社員に広く呼びかけた。善意の輪はそれからそれへと繋
がっていった。

************************************************************************
[215]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.04.14
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 215 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.215 -
テレビ寺子屋[聞く、聴く、訊く] スピーチコンサルタント 佐野 常夫先生
------------------------------------------------------------------------

私は「まごころ研究所」というのを2年ほど前からやっております。
「真心」というものは、国が豊かになってくると、無くなってきたような気がし
ます。貧しいときには、本当の「真心」があったように思います。
いろいろな悲惨な事件が多くなり、家庭の中でも、親子の暖かい思いやりの雰囲
気がだんだん無くなってきました。自分を大事にする人は、他人も大事にするも
のです。

これというのも、お互いの意思の疎通がうまくいってないというところに問題が
あると思います。本当に心から、話す、聞くということが、少なくなってきてる
と思います。世の中が多様化するほど、悪くなってきてます。
話す前に聞くということが大事なのですが、これが盲点になってます。理由は簡
単です。聞くのは苦痛だからです。話すのはだれでも好きなんです。
人の話を聞くコツがあります。それはできるだけ楽な気持ちで、リラックスして
聞くのです。

あなたはよく聞く方でしょうか。特にお母さん方が、3才児を育てる時に注意し
て欲しいのです。一番好奇心の盛んな時です。知識欲が燃えてるのです。
だから、何でも、かんでも「なぜ、どうして」としつこいくらいに聞いてくるの
です。
一方、お母さん方は結構忙しい、料理をしながら、次のことも考えている。しか
し子供にはそんなことは判らないから、容赦なく、聞いてくる。
「なぜ、大根は白いの、人参は赤いの」
「馬鹿だね、そんなことは昔から決まってるじゃないの。誰に似たんだろう」と
突っぱねるから、伸びようとする芽を摘んでしまう結果になってしまうのです。

そんな時は、
「今、ちょっと手がはなせないから、あとでお兄ちゃんの図鑑を見ましょうね」
といって、一緒になって、図鑑を見てあげて下さい。言葉で言うよりも、絵を見
せて説明した方がはるかに、早く、正確に判らせることができます。
「三つ子の魂、百までも」というように、3才児の教育が一番大事なのです。
新生児の脳は600グラム、3才児は1100グラム、大人で1300グラムで
す。「何だ、あまり違わないじゃないか」と思うでしょうが、問題はその組織の
絡み合いの如何によって変ってくるのです。
見たり、聞いたり、触ったり、考えたりあらゆる動作で、一つ一つ繋がりを作っ
ていくのです。だから、根気よく、お母さんが面倒をみていかなければいぇない
のです。

今は共働きが多くなって、夕食を一家揃って、楽しく食卓を囲むというのが、だ
んだん少なくなってきた。
昔はおじいちゃん、おばあちゃんもみんな一緒で楽しく話し合いながら、文字通
り一家団欒ということが当たり前だったのです。一人で食べるのが、いかに寂し
いか、味気ないか。そう考えたら、何とか工夫して、せめて一週間に一回でも二
回でもみんなで夕食をする様にして欲しいと思います。聞かなければ話ができま
せん。

さて、そこで、聞くには三つの聞き方があります。

1.聞く・・・聞こえてくる。言葉だけを聞く。顔を見ないで聞く。上の空で聞
く。相手は不愉快、不満に思うでしょう。

2.聴く・・・耳を傾けてよく聴く。顔を見て聴く。相手の心、気持ちが判る。

3.訊く・・・言葉で尋ねながら訊く。更によくなる。真意が判る。なぜなの。

子供が学校から帰ってくる。
「お母さん、今日ね、学校でね・・」と何か知らせようとしてるのに
「今、急がしいから・・・」と聞かないお母さんが多い。
一寸、手を休めて
「どうしたの、何があったの。へー、ウサギの当番になったの」
と聴いてあげて下さい。きっと母性愛が生まれてくるでしょう。
更にすすめて、
「先生に言われたの?」
「いや、私にやらせて下さいと言ったの。だってなついてきて、とっても可愛い
んだもの。明日の朝も早く起きて餌をやるんだ」
と、自立心も湧いて来る。

よく訊くためには、あいずちが必要になってくる。五つのポイントがある。

同意を示し、軽くうながして、質問も適宜に発し、たまに自分の意見もはさみ、
軽く驚きを示す。へー、なるほどね。
これで自信が湧いてくる。

だんだん、家庭で会話が少なくなってきている。
すると温かみがなくなってくる。
子供は親の後姿を見て育つものだ。
いつもプラスの言葉を発して明るく導いてほしい。
学校の先生は、子供の様子を見ると家庭の様子がわかるものだ。

***********************************************************************
[216]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.04.21
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 216 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

------------------------------------------------------------------------

今週はメルマガ『セクシー心理学!』から許可を得て転載いたします。題名から
驚いてしまう人もいるかもしれませんが、内容は至って明るく、真面目なマガジ
ンです。毎週1万部以上の発行といいますから、ファンがたくさんいる証拠。
今回のお話も、とても人生に役立つ「応援歌」だと思います。

【無料の購読申し込みは】→http://www.mag2.com/m/0000034430.htm

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.216 -
[あきらめられない恋愛] 心理学者 ゆうきゆう先生
------------------------------------------------------------------------

◆ ギャンブルの、魔力。
ギャンブル。
ラスベガスの例を出すまでもなく、日本にもさまざまなギャンブルがあふれてい
ます。なぜ、ここまでギャンブルは、人の心を惹きつけるのでしょうか。
そう思い、僕は今までずっと、「ギャンブルの魔力」というものについて研究し
てきました。
今回は、「あきらめられない恋愛」と関連して、こんな話をお届けしましょう。

◆ 人間は、損がイヤ。
ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授は、プロスペクト理論と
いうものを提唱しました。

この理論の大事な部分をすごくカンタンに言ってしまえば、
「人間は、損することをめっちゃイヤがる」ということ。
たとえば考えてみてください。

A「90%の確率で100万円もらえるが、10%の確率で何ももらえないゲーム」と
B「必ず85万円もらえるゲーム」の、
どちらかを選ぶとしたら、どっちにしますか?

…おそらくこのとき、ほとんどの人がBを選ぶはずです。

実際にこのとき、期待値ではAが90万円、Bがそのまま85万円ですので、これを
比べるとAの方がトクです。

しかしほとんどの人が、Bを選んでしまうのです。
その理由はとってもシンプル。
「Aを選んだときに、万が一10%にハマったらどうしよう…!」
この恐れが、ついAを選ぶのをためらわせるのです。

◆ 下がっても、下がっても…。
すなわち人間は、「とにかく損を恐れる」ということ。

そして、その恐怖のあまり、結果的にさらに大きな損に落ちていってしまうこと
もあるのです。

もちろん今の例がその一つ。他にも「株」のたとえがあります。
今、あなたが100万円で、ある会社の株を買ったとしましょう。
このときにその株がずんずん下落して、80万円になったらどうしますか?

A「また上がるかもしれないから持っておく!」
B「すぐに売る!」

…選びましたか?
この場合、ほとんどの人がAを選ぶそうです。理由はとてもシンプル。

もし今売ってしまったら、「20万円の損が確定」してしまいます。
でも、売らない限り、「損が確定はしない」。
まだ上がるかもしれない…。私はそれを待ってるんだ…。
その結果、「まだ待つ」という結論になります。

もちろん最終的に上がればいいかもしれません。
しかしそう思っている間に、ズンズンさらに下がってしまい、「さらに莫大な損
」になってしまうこともあるのです。

◆ 繰り返す、その行動。
これがもっとも分かりやすいのが、パチスロや競馬です。

あなたの周りに、何十万もこれらのギャンブルにつぎ込んで、いくら「もうギャ
ンブルはやめなよ」と言われても、つい繰り返してしまう方はいませんか?

これも、このプロスペクト理論で説明できます。
「前は3万負けた…。その前は5万負けた…。今日も4万負けてる…」
この状態で、「完全にギャンブルを辞める」ことは、「損を確定」させることに
なります。
またもっと観念的に、「そのギャンブルに、人間的に負けた」とまで思う人もい
るでしょう。しかし「続けてさえいれば」、いつかまた勝つかもしれません。決
して「損の確定」にはならないのです。

…でも…。
そう考えて多くの借金まで抱えてしまう人は、いくらでもいるはずです。

◆ ギャンブルの、一番は。
以前にも話しましたが、競馬やパチスロなどのギャンブルの期待値は限りなく低
いもの。すなわち、「やればやるほど損をして当然」にできています。これは宝
くじでも同じです。

もちろん、「そうはいっても…」と思う人も多いはず。
ついハマってしまう人の気持ちも分かります。
だからこそ、勝ったときの快感は、たとえようがないはずです。

ですので、大人としてのやり方はこうでしょう。
「負けても生活に響かないくらいのお金で続ける」。

それなら、「負けちゃったよ〜」と笑い話にもできますし、またストレスも適度
に減り、毎日にハリも出るはずです。

◆ あきらめられない、そんなとき。
これは、恋愛でも同じことがいえるかもしれません。
あなたに、「どうしてもあきらめられない好きな人」がいたとしましょう。

このときに、なかなか「あきらめる」ということはできないはずです。
それは「失うことの確定」だからです。

追いかけてさえいれば、「損の確定ではない」。
だからこそ、つい何も考えず、その人を追ってしまう人もいるのではないでしょ
うか。
もちろんそれがうまく行けば、構いません。

ただそれが不倫であったり、遊ばれているだけであったり…。そしてあるとき、
とても大きな後悔に襲われることもあるのではないでしょうか。
それはある意味、「ギャンブル」と同じ。

ですので大切なのは、「それを続けるのは構わないが、平行して新しい出会いも
見つけていくこと」。

たとえばその彼に電話をしたくなったら「その前に他の人にも電話してみる!」
メールをしたくなったら、「その前に新しい出会いの場所に顔を出す!」

そんな風に心がけて、うまく彼への行動を「報酬」にして行動することが大切。
それだけでも、毎日が変わっていくはずですよ。

◆ 今回のまとめ。
よって今回の話をまとめるなら、
「人間は、『損』や『負け』の確定を恐れるため、つい何かをやめることができ
ないことがある!
もしあなたにそんな傾向があって、それがイヤだと思うのなら、とにかくそれを
『報酬』して他のことも行うこと!」

繰り返しになりますが、ギャンブル的な行動を、否定しているわけでもありませ
ん。大切なのは「ギャンブルだけにハマることで満足するな」ということです。

◆ あきらめないのは、簡単なこと?
よく、社会一般的に、「つらくても、あきらめないことが大切」という考え方が
あります。
でもそれは、あなたが「積極的にぶつかっている場合」に限ります。

これは惰性に流されてしまうあなたを、甘やかすセリフではありません。
現実から目を背けて、甘い自分に浸る言葉でもありません。
「あきらめない」ことと、「しがみつく」ことは違うんです。

万が一、ギャンブルでお金を失っても、当然ですがあなたが人生で負けたことに
はなりません。
恋愛や仕事も、それと同じです。

万が一、今好きな人を得られなくても。
たとえ何かに、挫折することがあったとしても。

だからといって、あなたが、すべてを失ったわけではないんです。
どんなに少しずつでもいいので、周りに目を向けてみてください。
景色が少しずつ明るくなっていくのに、気がつくはずですよ。

************************************************************************
[217]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.04.28
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 217 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.217 -
テレビ寺子屋[叱ると怒るとはどう違う]スピーチコンサルタント 佐野 常夫先生
------------------------------------------------------------------------

最近上手な叱り方をする親が少なくなった。これは大事なことです。家庭では悪
いことは、キチンと叱れるようになって欲しい。ところで、叱ると怒るを同一語
としている人が多いが、これは明らかに違うのです。

叱るというのは、相手中心で、相手に良くなって貰うためにするもの。二度と同
じ過ちを繰り返さないように、静かに話して相手の理性に訴えて、反省をうなが
す目的とする。

怒るというのは、あくまで自分中心で怒りの感情で当たり散らすことだ。
従って、当然語気が強くなり、つい否定的な言葉でやるので、反撥を起こしがち
だ。

「お父さん、一郎を怒って下さいよ」とよくお母さんが言いますが、それで、お
父さんが単純に「こら!一郎、駄目じゃないか」と頭ごなしに怒鳴ったら、子供
はお父さんに怒られたと、反撥したり、しょげたりするかも知れません。

小さい子供は好奇心一杯で、見るもの、聞くもの珍しくて仕方がありません。
だから、ついキョロキョロよそ見をして、歩くのが遅くなることもあるのです。
お母さんがちょっと急いでいて、イライラしていて
「ほらほら、又、よそ見して、駄目じゃないの。もっと早く歩きなさい。ぐずぐ
ずするんじゃないの」と怒っていることがありますが、小さな子供には早くとい
うことが具体的には判りません。
「今日はお母さんはね、何時までにどこどこまで行かなければいけないの。だか
ら、いつもなら、このくらいの歩き方でいいのだけど、今日はもう少し急いで、
足を動かして行こうね。」と具体的に話したら、早くということが判ると思いま
す。

子供がお母さんに「お母さん、ガム」
するとお母さんは「駄目、何言ってんの。さっき、ポッキを買ってあげたばかり
じゃないの」
「でも、お母さん、ガムが」
「まだ言ってんの。煩いわね」
「だって、お母さんのお尻にガムがついてるよ」
「えっ!馬鹿ね、何故早く言わないの」
それなら、さっきもうちょっと、よく聞いてあげたらよかったんです。

野菜、特にピーマンが嫌いな子供が多いものです。でもそんな時、闇雲に怒るば
かりが能ではありません。
「駄目じゃないの。残したりして、全部食べなさい。せっかくお母さんが作った
のだから」
「せっかく」という言葉は自分本位の言葉です。相手に押付けている言葉です。
すると、子供は「なにも僕は作ってくれと頼んだわけじゃないよ」と心のなかで
思うでしょう。
それよりも、身体を丈夫にしたり、強くなるためには、いろんなものをバランス
よく、食べなければ、好きなサッカーも強くなれないわよ、と納得させるべきで
す。

学校の帰りが遅くなる。親が心配するのは当然です。いつもなら、5時には戻る
のが、7時過ぎても帰ってこない。8時過ぎ、やっと「只今!」と帰ってきた。
その途端に、大きな声で「只今じゃないわよ。こんなに遅くまで、どこをほっつ
き歩いてたの。こんなに心配してるのに何やってたの。大体、遅くなるならなる
で、電話くらい掛けたらどうなの」と捲くし立てたらどうでしょう。
「それなら、携帯を買ってくれたらいいじゃないの」とぷぅっと膨れ上がって、
自分の部屋に閉じこもってしまうでしょう。

でも相手中心のこんな叱り方をしたらどうでしょう。
「どうしたの、こんなに遅くまで、何かあったの、お母さんもお父さんも心配し
てたのよ」
「学校からの帰りに、駅の階段を降りた所で、大きな荷物を持ったおばあさんが
転んで足を怪我したので、それを介抱してあげたの。そして聞いてみたら、息子
さんのお嫁さんが車で迎えに来てくれる約束になっていると言うので、じゃあそ
れまで一緒にいてあげようということになったの。ところがそれがどういうわけ
か遅れて、なかなか来なかったの。そして無事おばあさんを引き渡して、いざバ
スに乗ろうと思ったら、バスが出てしまって、次まで30分も待ったので、遅く
なりました」
「そうだったの。親切にしてあげてよかったね。そしておばあさんも喜んでくれ
て、よいことをしたんだから、本当によかったね。でもね、お母さん達はいつも
より貴方の帰りが遅いので、心配しているんだから、これからは必ず電話しなけ
ればだめよ」
というように言ったら、きっと素直に「御免なさい。これからは必ずそうします
」と言うでしょう。

さあ、ここで叱り方のチェックポイントを三つあげます。

1.いきなり叱ってはいけない。
これは危険です。何があったのかわからないから、先ず聞かないといけない。
あるお母さんが買い物から夕方家に帰ってきた時のことです。娘が5年生、3年
生、1年生と3人いました。玄関に入ったら、電気が消えていて、ロウソクの火
らしいのが、ゆらゆらしている。
びっくりして、「何、火遊びをしているの。危ないじゃないの」と大きな声を出
したら、とたんにパッと電気がついて、「お母さん、お誕生日おめでとう!」と
言って、お小遣いで買ったケーキが飾られてあったのです。お母さんはびっくり
しました。しかも1年生の子は、「肩たたき券一枚5分」と言うのが10枚あっ
たということです。

2.比較してはいけない。
お兄ちゃんを叱るのに、弟と比較したりすると、「それじゃ弟に面倒見てもらっ
たらいいでしょう」と反撥します。隣の健ちゃんを見てごらん。
うちのお父さんのことも、よそのお父さんと比較してやったら、
「ちょっとタバコを買ってくる」と言ってでかけたまま、もう3年も帰って来な
いということも起きるかも知れません。

3.ついでに叱ってはいけない。
昨日あれだけ、言ったのに、先週も、一月前、半年前と言われたら、今叱られて
いるのがわからなくなる。

怒りたかったら、10数えて、冷静になってからやることです。感情は勘定、利
害関係に繋がる傾向にあるから、十分考えないといけない。

学校は、学問の基礎理解能力を作るところ。
家庭は、自立していく生活力の躾を身につけさすところ。
どうぞ、くれぐれも相手中心に考えて叱って欲しいと思います。

========================================================================
IA magazine 素晴らしい人生のために 毎週水曜日発行(週刊誌) No.217

責任■小林高一/インプットアルファ現代情報研究所 ko-ko@bb.futaba.ne.jp
執筆■中村豊秀/ヒューマンコミニケーションセンター LDJ04070@nifty.ne.jp
配信■まぐまぐ 0000026706 http://www.mag2.com/ 登録と削除もこちらから

Copyright(C) 2000-2004 Toyohide Nakamura All rights reserved. 無断転載禁
========================================================================



トップページに戻る  メールマガジン一覧表に戻る  次の号を見る 前の号を見る