INPUT ALPHA メールマガジン

素晴らしい人生のために/今日の応援歌
<<<< バックナンバー のページ >>>>
[218] [219] [220] [221]  2004年 5月発行分    

[218]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.05.05
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 218 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.218 -
[夢を持つことの大事さを教えよう] 銀メダリスト 君原 健二氏
------------------------------------------------------------------------

先日、メキシコ五輪銀メダリスト、ボストンマラソン優勝など、マラソン王国ニ
ッポンを牽引してきた功労者、君原 健二氏の講演をお聞きして、大変感銘を覚
えましたので、是非皆さんにもお伝えしたいと思います。
1時間半の講演でしたから、一寸長文になりますが、ご免なさい。

メールアドレスが変更になりました。ご感想などはこちらへ ldj@if-n.ne.jp

------------------------------------------------------------------------

スポーツは身体を動かして健康のもとだと思われています。
私は小学校6年の時、成績表は5段階方式で上から2番目は算数だけで、あとは
殆ど4,5という状態でした。でもこれが後年、42キロのフルマラソンのエネ
ルギーの効率的配分の計算に非常に役に立ったと思ってます。
スピードの上げ下げの目標は、全体を2時間20分として、100メータ20秒
で最後まで続ける計算になる。自分の体重をギリギリ制限する。この先を見通し
て最短距離を走る。100メータ1秒遅れると、通算で7分となる。距離は5キ
ロ毎に係員がいるので、これが目安になる。

練習の時は靴下を履き、時計を身につけているが、試合の時は全部はずす。成果
を出した要因として、人に比べて勉強もスポーツも落ちてるという劣等感が、恥
ずかしい現状を少しでも減らしたいというバネになり、向上心が沸いてきたと思
います。慢心、自惚れが一番怖い。
小学校以来一等を取ったことはなかった。だが中二の時、駅伝クラブに誘われた
が、気が弱かったので、断り切れずに入った。
その後止める機会が何度か訪れた。そのうちに50年走ってきた。練習の時には
記録がでるのだが、いざ本番になると、なかなかでないものだ。何故だろうと思
う。これも成長のポイントと自ら考え、よりよく解釈して伸び行く努力になった
と思う。
東京オリンピックの前、ニュージランドに行った時、すでに学校は週休二日制に
なっていました。ほめられるのは生きる力になるのです。
自分で課題を見つけ、問題解決するように、自分を律しつつ、協調性を持って、
他人の利益も考えることのできる、豊かな人間性を養う必要がある。日頃、皆と
一緒にやって競技力アップを図る。

全国高校インターハイの予選に落ちて教えられました。自分の意志(自主性)を
持ち、自分で上手にコントロールするべきである。人から言われてからでは駄目
だ。小さな支えとなったのは、高二から高三にかけて、一人で練習している時さ
みしさと疑問を覚えた、こんなことをしていて、役に立つのだろうか、無意味、
無駄なことではないのか。

過去に自分が危険に晒されたことがある。B29が北九州に原爆をつんできた時
たまたま曇ってたので、45分間旋回しても駄目だったので、仕方なく長崎に飛
んで行き、長崎製鋼所を目標にして落としたので、事実上、命拾いしたわけです
から、あの時、死んだと思ったら今なんともない。死んだつもりになったらと気
持ちの切り替えが大事だ。
アマチュア精神でやってたから、仕事を終ってからデイトだ、酒を飲みに行くの
では仕方がない。自分にとって大事なものを守るには、他のものを犠牲にしない
といけない。
でも当時、走ることに未練はなかった。それより働く事が大事だった。卒業式の
直前三日前に、八幡製鉄(新日鉄)が三人長距離ランナーを募集することになっ
た。それは昭和34年4月10日に今の昭和天皇のご成婚がきまったので、それ
を記念して、大阪と東京間の駅伝大会が催されることが決まりました。そこで、
八幡製鉄も参加しようということになったのですが、メンバーが足りないので、
三人補充することになったのです。
総勢18人の中に入って、毎日練習を重ねるうちに努力の成果が上がってきまし
た。
紙を二枚重ねただけでは全然わからないが、何十、何百となると違ってくる。無
駄になる努力は有り得ない。骨を折る、精を出す、汗を出す。400メータ30
回のペースと決められたスケジュールを、ゆとりがある時は少しでもアウトコー
スを走る、ノルマが終った後、まだ楽なら、更に走り続ける。

中学時代、目標がなかった。目標が伴ってない時は駄目です。高橋進という指導
者は抽象的でなく100メータ18秒、5000メータ15分だが、これを14
分でやりたいというぐあいだ。世界一長い駅伝で10日間かかるのだ。旭化成の
一流選手をはじめ、多くの一流選手に会えるというのが嬉しい。目標達成をやっ
たあという経験を持っていなければ、どんなことでも達成感がない。喜んで次の
新たな目標、区間走新記録に挑戦した。

21才の時、福岡マラソンに挑戦した。前半ぶっ飛ばして2時間18分1秒で第
3位になった。これは今から42年前の日本記録の2時間18分51秒を50秒
上回った記録だった。すぐに手が届く小さな記録は、やがて世界最大のオリンピ
ックに挑戦という僅かな可能性が見えてきた。あと1年10ヶ月で東京オリンピ
ックという時にそのリハーサルとしてプレオリンピックが開かれた。
その結果、最終選考会で寺沢が一位、円谷が二位、私が第三位に選ばれた。

いよいよ東京オリンピックが開催された。アベベ選手がついに優勝した。
1000 メータ遅れて円谷が競技場に入ってきたのだが、残念ながらヒートリ
に抜かれて、ヒートリが2位、円谷は三位になった。私はどうしても実力が発揮
できずに、3分30秒遅れで8位になった。
だが日本人が銅メダルを取れたのは、ベルリン以来28年ぶりだった。

23才の時、半年内に責任感、皆からの期待感からのプレッシャーを受けて、あ
んな想い出はもう二度と思い出したくなかった。いくじのないことだが、大きな
栄光を戴いているのに気がつかず、責任を感じないのはおかしい。学校、国体、
日本、選手としての責任、名誉、栄光は大きな選手には当然だが、全ての社会人
に当てはまる。新入社員、監理、監督者、経営者にもだ。

円谷は競技場のなかで、ゴールを目前にして三位の走者に追い抜かれた。彼には
かねて交際していた女性がいて、結婚したいと思っていた。ところが自衛隊の上
官に、メキシコのオリンピックを前にして結婚はまかりならんと言われた。

私は東京オリンピックのあと、2年間交際していた女性と一年後に結婚した。ボ
ストンマラソンで2時間17分11秒で優勝できた。そしてもう走るのを止めよ
うとした。新婚生活が一段落したあと、高橋監督が、肉体には限界がある。青春
の時しかできないことがある。是非メキシコに出るように繰り返し繰り返し説得
された。思わず従わざるを得ない状態になった。ついに1968年メキシコに出
ることになった。

円谷は27才で命を絶った。彼とは同じ年令で秋田でのインターハイでも、円谷
が2位、私が3位、ニュージランドでも東京オリンピックでも全部一緒だった。

メキシコは標高2280メータ、酸素は平地の75%という薄さだ。だから疲れ
るのも平地より早い。今まで、メキシコには4回行ったことがあるが、私は殆ど
語学は不得意だ。いよいよスタートしましたが、やがてそのうちにばらついてき
て、順位がわからなくなり、夢中になって走っているうちに、沿道にずっと並ん
で応援をしてくれている群集たちが、「トレス、トレス」と叫んでいるのが、聞
こえてきました。最初は何かわからなかったのですが、ふと、「そうだ、トレス
というのは、数字の3だ」と気がついたと同時に「待てよ、ひょってして、これ
は今3番目だといっているんじゃないかな」と思いました。

「よーし、頑張るぞ」と走っていると、私の前を走っていた走者が遂に酸素不足
でへばってしまったので、それを追い越すことができました。すると今度は「ド
ス、ドス」という声が聞こえてきました。「これは、2番だ、うん、間違いない
ぞ、あと一人だ。よーし、こうなったら、何が何でも表彰台に立つぞ。いや立た
なきゃならん」と猛然とファイトが沸いてきました。ところがその時おもいがけ
ないことが起きました。急におなかの調子が悪くなってきたのです。つまりトイ
レに行きたくなったのです。咄嗟に頭の中で目まぐるしく考えが渦巻きました。
ここで、トイレに駆け込んでのロス時間と、このまま頑張ってゴールまで我慢し
て走り続けることが果たして出来るのがろうか。その瞬間、4年前の東京オリン
ピックの円谷の教訓を思い出しました。
彼の父親は軍人だった。走行中、振り返るのを非常に厳しく叱った。だから彼は
振り返らなかったので、80メーターあとからヒートリーが肉薄してきているの
に気がつかなかった。それで寸前に抜かれて三位になったあの事例だった。
事実、私も走っている時に振り返ると身体のバランスが崩れるので、なるべく後
ろを見ないことにしているが、一寸気配を感じて、振り返ったらやはり80メー
ターくらい後ろから、次の走者が追ってきているのが目に入った。
ここまで来た以上、絶対に抜かれまいと思って、必死に頑張ってついに2時間2
3分31秒で銀メダルを取ることができました。

おなかの調子が悪かったのは、食事が慣れなかったのと、レースの緊張感から体
調を崩したのです。私以上に大きなミスをしたか、あるいは自分より下が多かっ
たのだと思います。結果だけで評価したのではない。手抜きして一番になるのは
評価できない。そのプロセスが評価の基準だと思う。失敗したレースもたくさん
ある。3回のオリンピック出場は大きな評価が出来ると思う。外国にも30回以
上行ったので、思い出もたくさんある,豊かな人生だと思っている。365日、
毎日20キロ〜30キロ走ったのは、精神面と健康のためにやったのではない。

トレーニングの量が少ないと駄目だ。だがやり過ぎたら身体を壊す。休養の取り
方が大事だ。
継続する為にはもう一つ大事なことがある。それは栄養だ。
つまり健康を維持するための、三つの要素は、身体を動かす運動と、適度の休養
と、十分な栄養の取り方のバランスなのだ。

やがて競技の方は体力の限界を感じて32才で引退したが、副産物として多くの
素晴らしい思い出と、たくさんの素晴らしい方々との人間関係ができた。
生涯スポーツマンとしての体力維持のため、一週間に一回、10キロ走った。
50才の時、新日鉄を退社した。
51才から、九州女子短期大学の教授になった。「健康作りのスポーツ」として
一週間に一回講座を持ったが、だんだん負担になり、60才で退職した。

その前に58才の時、自動二輪の免許を取り、やがて走れなくなったらバイクで
日本中ツーリングして楽しもうと思ったのです。60才で停年退職したら、暇に
なると思ったら、そうではなかった。マスコミの取材や、講演を頼まれたりして
半年後にやっと四国八十八ヶ所をバイクで廻ることができた。だがあんなにお寺
が高い所にあるとは思ってなかったので、細い道を1450ccのバイクで登る
のは容易なことではなかった。対向車が無かったからよかったものの、もしあっ
たらと冷や汗をかいたこともありました。60才になってから、毎週4,5回走
ってますが、フルマラソンを3時間40分で走りました。

現在の夢は65才、70才、と挑戦し、更に75才には、丁度結婚50周年の金
婚式にあたり、且つ1965年にボストンマラソンで優勝し、その50周年に招
待を受けてますので、それに出席する希望を持ってます。

60才でパソコンを習い始め,パートナーと61才の時、日本の100名山を制
覇しょうと決心し、現在四つ登りました。生涯学習にはゴールは無限だ。今年北
九州市の成人式で1万人の若者に話しましたが、今,平均寿命は男78.32、
女が85.23といわれてます。私の父は88才で亡くなりました。有名な金栗
さんは92才まで生きました。私もそれまでは頑張ろうと思ってます。

ヒンズー教の教えに、
心が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる,というのがある。

朝起きたら、すぐお早う。家族にも有難う、ご免なさいを言おう。
子育ては叱ったり、褒めたり、聞く時は子供の目を見てよく聞くようにして、食
事が楽しみで大切にしたい。
まず親が実行して声をかけて夢を持つことの大事さを教えよう。

************************************************************************
[219]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.05.12
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 219 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.219 -
テレビ寺子屋[人間死んだらどうなるか] 俳優 川津 祐介先生
------------------------------------------------------------------------

今日は「人間死んだらどうなるか」ということについて、いつも小学生、中学生
の皆さんに話していることを、お話してみたいと思います。
あの年頃は、何か嫌なことがあるとすぐ簡単に死んでしまうことがよくあるから
です。そして又、一番知りたい年頃なんです。人間は必ず死ぬのに何故生まれて
くるのだろう。人間というのは何だろう。人間は誰なんだろう。・・・・。
私なんか、若い時から68才の今に至るまで考えておりますが、わからないこと
がまだまだ一杯あります。本もかなり読みましたし、瞑想もしてきました。

その結果、二つの確信を持っています。
一つは「人間は死んでも死なないものだ」ということと、
「大いなる存在、いわゆる神様は本当にあられる」ということです。
今日はこのことはちょっと置いといて、
「そんな風になったらどうなるか」ということについてお話してみたいと思いま
す。

「一生懸命、生きる」「不安が、無くなる」「心が、揺るがない」「本当に生き
ている。嬉しい、幸せが一杯」「生かされている」ということがしみじみわかっ
てきます。皆さんどうか、一瞬一瞬を元気に力一杯生きて、そして元気に死んで
欲しい。そうしたら死んでも、元気に生きていける。

昨日、私の医者の知人に会いましたら、彼が「どうだい、心臓は元気かい」と聞
きましたので、「ああ、今、EF40だ」と言いましたら驚いてました。
これはかなりひどい状態で、普通の30%の能力しかないということで、長く立
っていると、足の方の血が戻ってこなくて、腫れてしまって、鉄腕アトムの足の
ように太くなってしまうのです。時々、横にならないといけない。
この病人のなかには歩くのが怖くなって、家にこもって、表に出ようとしなくな
る。ただ長くやっているとその度合いがわかるようになってくる。

死ぬ時に元気に死んだら、死んでからも元気でおれる。どちらの世界に生きるか
は、あなたの選択次第だ。それには理由がある。信じる、信じないのはあなた次
第だ。

私は三回死んでいます。

最初は19才のとき、睡眠薬で自殺をしました。うまくいきました。
私は昭和10年生まれで戦争中に少年時代を過ごし、10才で戦争に負けたので
す。今も乱れてますが、終戦後の日本は惨憺たるもので、全くめちゃくちゃな世
の中で、悪い事でもしない限り、生きていけないという状態で、配給だけで、全
く闇取引をしないある裁判官がついに餓死したということがありました。
なんて情け無い国だと思い、16才の時、自殺する計画を立てて、睡眠薬を集め
はじめ、机の二つの机の引き出しに一杯溜めました。一粒ずつ飲んで、せめて遺
書だけはちゃんと書いておくとして
「お父さん、お母さん、先立つ不幸をお許し下さい」と書き始めたのですが、手
が震えてうまく書けないのです。
明日でもよかったかなと思い、いよいよビンの底が見えてきて、致死量に近づい
てきた最後の薬をぐっと呑みこんだ瞬間、急に死ぬのが怖くなってきて、風呂場
に飛んで行き、口に指を突っ込んで、胃の中のものを必死になって吐き出しまし
たが、意識を失いました。魂がすうっと身体を離れるのがわかりました。
もう戻れないと身体に謝りました。魂だけになったら、壁でも何でもつっかえず
に、そのまますっと突き抜けられるのです。
ふと気がついたら、北の方へ、ふわっ、ふわっと歩いていたようです。物凄く深
い真っ黒い地下の闇の中がとても怖かった。言葉では言い尽くせない。もう戻れ
ない、その時夢中になって「神様、御免なさい。もう一回人間に返して下さい」
と頼んでいました。ふっと気がついたら、もとの身体に戻っていました。
何日か意識不明のまま、眠っていたのですね。闇の中が本当に怖かった。だから
人間は死ぬのを怖がるのだなとしみじみ思った。そこでこれは大人になるまで、
誰にも言わないようにしておこうと思った。

次に死んだのが37才の時でした。その頃、私はアクションスターと呼ばれて得
意絶頂の時、得意のアクションの最中の中で、頭の骨がグシャッと割れる事故に
なりました。
気がついたら、やはり魂が身体を離れて、丁度鴨井の高さのところでじぃっと自
分と、自分を取り囲んでいる皆を眺めているのです。そして皆が思っていること
が全部判るのです。
「かわいそうに」とか「失敗したな」とか、中には「ざまあ見ろ」というのも二
名ほどいました。誰とは言いませんが、大物スターでした。

当時確かに私は、遣りたい放題、言いたいことは気ままに言っていた面がありま
したから、無理もないと思います。例えば、スタントマンが意見を言っても、い
いよ、俺がやるからと強引にやったこともありました。
結婚して子供も三人出来てたのですが、魂は明るい方へどんどん登っていくんで
す。それまでの出来事が、まさに目の前で、映画のスクリーンに写しだされるよ
うに実に鮮明に見られるのです。それを見ているうちに、もう一度、元に戻して
下さい。そのためには何でもしますと、必死に祈ってました。
次の瞬間意識が戻っていました。

その代わり、2年間全く歩けませんでした。立ってもふらふらで、パタンと倒れ
ます。忽ち、貧乏になりました。保障費も治療費も全然出ないのです。30年前
の時代はそんな時代だったのです。苦しくて自殺しょうとしても、以前の自殺の
経験がありましたので、自殺もできない状態でした。又どこにも行けないという
わけです。三人の小さな子供達と遊んでいるだけです。その時、ソースのCMの
仕事が入ってきたのです。暫くして、カレーのCMが入りました。子供達に食べ
させてもらっていたと言ってもいいでしょう。
やがて少しづつ座れる、立ち上がれる、ゆっくりなら歩けるようになってきた。
スプーンを曲げることだけで、2年間日本中をまわりました。

そして三度目の死の経験は1996年1月17日です。
心の汚れを綺麗にしようと100日間の行にチャレンジした時のことです。
丁度60才の時、医者から「あなたの症状では、あと3週間、良くても3ヶ月間
しかないから、覚悟しなさいと言われました。
その時、私は「時間がないならば、時間がないなりに、一生懸命に生きよう。ま
ず感謝し、そして心から愛することだけをして生きよう」と思いました。朝起き
ると「ああ、今日も命を頂いた。これは人を愛するための時間、尽くす為の時間
なのだ」と感じ、そして一日が終ると
「眠っている間に死んでしまうかも知れない」と思い感謝の祈りを捧げ、眠りに
つく。その繰り返しがもう8年も続いてます。
無理と言われた身体でも8年も、元気に幸せに生きられます。私達は自分自身が
望み、願ったために世界に生まれることができたのです。
果たしたい夢、果たしたい夢があったかからこそ生まれてきた。
あなたの人生は、あなたが望まなければ、絶対始まらなかった人生です。
そして、その人生の中で、夢を果たすために必要なものは全て与えられているは
ずです。
あとは真心を尽くして、そして本気で生きるだけ。ぜひその道を歩んでいただき
たい。

************************************************************************
[220]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.05.19
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 220 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.220 -
「さきがけ」がお客様を継続させる マーケティング戦略家 平島 廉久氏
------------------------------------------------------------------------

秋田へ仕事で行ったとき、ホテルの部屋でバッグから出したスラックスをはこう
としたら、ファスナーがさびついていて動かない。

あわてて駅前のイトーヨーカ堂へ行った。
紳士服売り場で「スソ上げ1時間でできます」の表示を見て、スラックスを購入
した。

午後6時に10分前だったが、
「スソ上げは何時ごろできますか」と聞くと「午後7時にはできます」と女性の
販売員が答えてくれた。

1時間ほど時間をつぶして売り場へ行くと、商品の展示を直していたその女性は
私の顔をみるなり「できてますよ」と声をかけてくれた。
続いて「もう一度はいていただけますか。どうしても納得できないんです」と言
う。

私はもう一度はいて「ちょうどいいです」と言うと、
「ああよかった」とホッとした様子だった。
スソ上げの採寸が気になっていたものと思われる。

私の顔を見るなり声をかけてくれたのと、「納得できないので」という一言に仕
事に対する責任感を感じ、次回もここで買おうと私は思った。

1ヵ月後、秋田へ行き、同じ売り場で、ジャケットを探した。
ちょうどよい大きさのものがあったので、それを持ってカウンターへ行った。

女性の販売員は中年の女性の対応をしている最中だった。
ジャケットをカウンターに置いた私を見て、その女性販売員(先月の販売員とは
違う女性)は
「時間大丈夫ですか」と声をかけてきた。

<列車の時間は大丈夫ですか>という意味であろう。
「私はいいですよ」と答えて他の商品を見に行った。

女性客が帰ったのを見届けて、私はカウンターへ行き
「大きさはちょうどいいので、ネームだけ入れてください」と「春名」という名
前を伝票に記入した。

その名前をみた販売員は「いいお名前ですね。秋田にはない名前です」と言っ
てくれた。ホメられて客である私はうれしい気持ちになる。

最初の女性販売員の「できていますよ」という声かけが
<次回もここで買おう>という気持ちにさせ、さらに、「時間大丈夫ですか」と
いう一言が
<また次回も>という思いを抱かせる。

「さきがけ」は客の心をとらえ<次も>と客を継続させる働きをする。

------------------------------------------------------------------------

平島 廉久(ひらしま やすひさ)
1943年徳島県生まれ。明治大学大学院商学研究科修士課程を修了。 産能短期大
学講師を経て、現在、経営戦略、 マーケティング戦略の専門家として活動中。
著書に『ヒット商品開発の発想法』(日本実業出版社)
『次に何を売るか』(実務教育出版)など多数。

◎この文章は下記のメールマガジンより、許可を得て転載いたしました。
まぐまぐプレミアムメールマガジン&書籍情報 2004/03/09 号
発行元:株式会社まぐまぐ http://premium.mag2.com/

************************************************************************
[221]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2003.05.26
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 221 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.221 -
[また三菱のリコール隠し] まいどおおきに、の 羽田 英司さん
------------------------------------------------------------------------

今週は大阪で中古車販売している羽田さんのメルマガ「まいどおおきに」から、
許可を得て転載しました。羽田さんは福祉車両への改造にも
「新車でなくて中古車でも出来る!」と頑張っている方です。
軽妙な語り口をお楽しみ下さい。

羽田さんのメルマガは無料でごらん頂けます。下記より申し込みして下さい。
羽田さんへのお便りは⇒ dardarin@nifty.com
メールマガジンの登録は ⇒ http://www.mkc.zaq.ne.jp/dar/09
または、まぐまぐのHPからID 18654 で検索して行ってください。

インプットアルファ現代情報研究所 小林 高一

------------------------------------------------------------------------

また三菱のリコール隠し(もう疑惑どころじゃないんだな)が出ましたですね。

頑張ってほしいけど、いつまでもいつまでも次々出てくるのはどういうことなん
やろーって。ホントに現場の人がお気の毒で・・・・。
これじゃぁどんなに現場が頑張っても浮ばれないよぅ(@@)

とはいうものの、この前からフィットのブレーキペダルのカクカク音や日産ティ
ーノのセンサー不良の故障があったものの、どちらもディーラーに持ち込んだら
無料修理で済みました。
なんでもフィットのほうはペダルのスプリングにグリスを入れただけだそうです
が、一般の整備工場さんではわかりにくい場所ですのでねーと。
ティーノのほうは「対策部品」が出ているので交換しましたと。

「対策部品」
これは販売後に数件の故障事例が出た部品について、改良した部品のことで。
まぁウィンドウズのバージョンUPみたいなものですねー。
不具合の出る可能性のあるところを改良した部品で、何か不具合が発生したとき
には、交換してくれたりします。
「リコール」に似ているんだけど、回収無償修理とまではいかないので、個所に
よってはややグレーゾーンですねー。
三菱の場合も入庫するクルマに改良部品を交換していたケースもありましたし、
その故障個所を危険な個所と判断してリコールを届けて早期に回収修理をするか
どうかなのですが

「リコール」をイメージの低落や経費の負担を怖れて、危険個所ではないと判断
することにして、資料を求められたら改ざんして、お客さまには整備不良という
ことで突っぱねて・・・・
結局は何が大事なのか?ですよね。

この前ニュースで、トヨタのアメリカでの高級車販売ブランド「レクサス」の販
売戦略を取り上げていましたが、

実は、レクサスも販売直後に「リコール」が出てしまって・・・・。
ところがトヨタはこのリコールの対応に
「お客さまのお近くにヘリが着陸できるスペースはございますか?」と、やった
とか、やらなかったとかの噂があるらしい。
どれだけお金がかかっても、車の信頼保証の為に迅速に処理をするそれが信頼の
ブランドを築いたらしいと。

クルマも機械ですもん。
完璧だと思って販売したものの、想定もしていなかった故障が出る可能性はなく
ならないわけで。それを正直にすばやく認めてすばやく修理する。おまけにヘリ
で無償修理にかけつけたなら、それは実は「レクサスはすごいぞ!」と、人の噂
のものすごい広告になるわけで・・・・。

リコールゼロの会社もすごいけど
リコールの際には「ヘリ」ででもかけつける会社もすごい。

「リコール」ひとつで明暗を分けた話しだなぁと思いました。

吉野家の牛丼はアメリカ産の牛肉を使わないとできない!と、かたくなに牛丼販
売の再開をアメリカ産牛肉の輸入まで行なわないという、吉野家の社長も頑固や
なー(^^)と思いますけど。
でもそんな姿勢が、今時の中にあっては頼もしく思えちゃうのも現実かなと。
産地も何もなんだかどれも信じれないような話しばかりですもん。

吉野家の牛丼がそんなにおいしいのかというと、それは、本当はあんな薄っぺら
な紙切れみたいな肉なんて、どこの肉でもなんの肉でもあんまり変わらないんじ
ゃないの?って思えるぐらいなんですけど。
でも、あの味を守るために正直になっている社長は偉いと思う。
あの味を求めてくれるお客さんが何より大事なんだろうなぁって。

経営陣がカメラの前に並んで頭を下げて、
今後このようなことのないように社を上げて取り組み・・・・なんていう、そん
な絵づらはもう飽き飽きです。
会社そのものを守るよりも現場のひとが築いたお客さんとの信頼関係を守れるト
ップがいいですね!

========================================================================
IA magazine 素晴らしい人生のために 毎週水曜日発行(週刊誌) No.221

責任■小林高一/インプットアルファ現代情報研究所 ko-ko@bb.futaba.ne.jp
執筆■中村豊秀/ヒューマンコミニケーションセンター ldj@if-n.ne.jp
配信■まぐまぐ 0000026706 http://www.mag2.com/ 登録と削除もこちらから

Copyright(C) 2000-2004 Toyohide Nakamura All rights reserved. 無断転載禁
========================================================================

トップページに戻る  メールマガジン一覧表に戻る  次の号を見る 前の号を見る