INPUT ALPHA メールマガジン

素晴らしい人生のために/今日の応援歌
<<<< バックナンバー のページ >>>>
[231] [232] [233] [234]  2004年 8月発行分    


[231]
┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2004.08.04
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 231 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.231 -
テレビ寺子屋[お年寄と子供をつなぐもの] おもちゃ美術館 館長 多田 千尋
------------------------------------------------------------------------

今日この会場にくる途中で「音戯の郷(おとぎのさと)」という所に寄ってきま
したが、とても楽しかったです。
入り口で、それぞれに聴診器が渡されて、館内の各所に木で作った大きな楽器と
か、おもちゃに聴診器を当てて、音を楽しむ仕組みになっているのです。子供だ
けでなく、大人も童心に帰って、みんな夢中になって耳を傾けて楽しんでます。
実は子供に話す時も大きな声で話すよりも、
「あのね・・・」と内証話のように、わざとひそひそ話しスタイルで話した方が
よく聞くものです。楽器とおもちゃを楽しむ「音のミュージアム」です。

今日は「お年寄に子供のことを考えて貰いたい」、又そのためには「どうやって
それを繋いだらよいか」についてお話ししたいと思います。

私は多田千尋と言いますが、最近、女の子の名前となりつつあります。以前はな
かなか字を判って貰えず、苦労しました。でも「千と千尋の神隠し」の上映以来
決定的になり、誰でもいっぺんで判ってくれるようになりました。
それまでは尋常小学校の尋常と言っていましたが、若い人にはなかなか理解して
もらえませんでしたが、今では6,7才の女の子でも漢字だけでも、すぱっと読
んでくれます。
ただ誰でも読めるようにはなったが、どういう意味で名前につけているか判らな
い人が多いようです。
この「尋(ひろ)」という字は、長さや深さの単位の一つで、縄の長さを計ると
きの両手を一杯に拡-た約1.5m〜1.8mくらいです。沖を10尋の大きさ
の船が走っているとか、この海の深さは30尋とか言います。だから千尋という
と、かなりの長さ、深さを意味してるわけです。
広辞苑では、「計り知れない長さや、深さのことを言う」と書いてあります。

人生を豊かに、広く、深くという意味で、この映画の主人公に、この名をなぜ選
んだのかと思いましたが、映画を見ればすぐわかりました。何しろ彼女は過酷な
運命にもてあそばれるのです。始まって10分も経たないうちに、両親を豚に変
えられて、奇妙な町をさまよい、仕事を探すのです。いろんな化け物に囲まれた
そのポジションの中で、頑張って生きていく逞しいヒロインに、宮崎はやお監督
はあんまりポピュラーな名前を附けられなかったのだと思います。

私の親が私の生まれて初めてのアルバムの第1ページに、「千尋」の命名の由来
を書いてくれてます。「千の地域を尋ねて、千人の人に会い、千の質問をするよ
うに」書いてあります。つまり、広く旅をしろと言っているのです。旅が勉強だ
ということです。

実際に私は今までに多くのお年寄にお会いしております。今、私はおもちゃ美術
館を各地の老人ホームの中に作りつつあります。
すでに北海道から鹿児島まで17箇所に設置しております。なぜ、老人ホームに
おもちゃ美術館があるのかというと、お母さんが子供を連れてやってきて、一緒
に遊んでもらったりしているのです。

ここには手作りコーナーがあり、指導員がいて手作りのお手伝いをしているので
す。又、図書館と同じように、自分の好きなおもちゃを2週間借り出すことがで
きるのです。又、修理工場があり、かつての国鉄の工場で仕事をしていた人とか
いろいろなエンジニヤの人達がおもちゃドクターとして待機していて、子供達が
持ち込む壊れたおもちゃを修理してくれるのです。子供達から見たら、神様みた
いなものです。
わが子が世界の面白いおもちゃで喜ぶのを、いやがる親はいないと思います。
私は老人クラブに行く度に、お年寄とお話をするのです。

先日愛知県のある老人ホームで感動したことがあります。
部屋でそこの施設長と話しておりましたら、小学生が大勢正面から靴を脱いで上
がってきて、どんどん中庭の方に消えて行くのです。そこで私が「やあ、お孫さ
んがたくさん遊びにくるんですね」と言いましたら、「いや、とんでもない。孫
なんてほとんど来ませんよ。あれはみんな近所の子供が遊びにきてるのですよ」
と言われました。実は中庭にはフィールドアスレチックが用意してあって、子供
達が自由に遊べるようになっているのです。

やがてその子供達が汗びっしょりになって帰っていくのです。
最近の子供達が一生懸命に遊んで、汗びっしょりというのを、余り見たことがな
いので、感激して、そのことを言いますと、又、「どうもあの頭の濡れ方を見る
と、どうも風呂に入ったのですよ」と言われました。そこで風呂場に行ってみた
ら、まだ3人ばかり子供達がお年寄たちと一緒に風呂に入っているのです。

しかも驚いたことに、お年寄の方が子供達の背中を流しているのです。「逆じゃ
ないですか」と言ったら、またまた「いやいや、これでいいんですよ」と言われ
ました。更に「あなたも、老人ホームに1年くらい暮らしてみたら、この気持ち
がわかりますよ。周りを見るとみんなお年寄ばかりだから、可愛い子供達が物凄
く新鮮に感じられ、可愛くて仕方がないのです」
そしてお年寄が子供の背中を流しながら、後ろから話しかけるから、会話が弾む
のです。「学校は面白いかい。どんな勉強が好きなのかな。お父さんはどんなお
父さんだい・・」等々。
すると子供達は自然に
「給食と体育だよ、お父さんはこわい。お母さんは優しい」などと、話していま
す。これが自然な会話になっているのです。もし子供がお年寄の背中を流してる
としたら、こうは会話ははずまないでしょう。
子供は「早く終らないかなあ」と思いながらやるだろうし、よもや「いやあ、い
ろいろと人生あったでしょうね」と言う会話はなかったでしょう。どちらがやる
かが問題なのです。

お年寄と子供達との架け橋が大事なのです。
その架け橋役が、おもちゃなのです。お年寄はたくさんの引き出しを持っている
んです。ただそれを忘れていたり、開けづらくなっているだけです。だから又遊
ぶことによって、思い出してもらいたいのです。
コンピュータゲームなどでなく、郷土のおもちゃや遊びを子供に教えてあげて欲
しいのです。

おばあちゃんは子育てを実際に経験しているが、おじいちゃんは子供が小さい頃
は、仕事で忙しくて、なかなか一緒に遊べなかったのが、やっと孫と一緒になっ
てゆっくりと遊べるのがとても楽しみなんです。

沖縄には、琉球の頃から伝わっている「フアーカンダ」という言葉があります。
「フアー」というのは葉っぱという意味です。「カンダ」というのは「蔦」と言
う意味です。これは、親と子供の関係を「親子」兄と弟の関係を「兄弟」夫と妻
を「夫婦」というように、お年寄と孫の関係を表す言葉です。

他の県ではこれと同じ意味を持った言葉を私は聞いたことがありませんでした。
以前、沖縄で講演した時、そのことをお話したところ、一番前で聞いていた85
才のお年寄が、
「いやあー、久しぶりに懐かしい言葉を聞いた。沖縄の人からならまだしも、東
京の若い人からこの言葉を聞いて、恥ずかしい気がしました。昔のことを思い出
さしてくれて、本当に有難う」
と、とても喜んでくれました。
沖縄ではお年寄が孫と散歩すると、近所の人に「この子供は二番目の孫で、やっ
と歩けるようになりました。まだまだ小さいが今後ともどうぞよろしくお願いし
ます」と、時候の挨拶と同じくみんなにお披露目をしているのです。
お年寄と孫との関係は切っても切れない関係にあるのです。

今、どのくらいお年寄と孫が触れ合っているでしょうか。遠く離れて、年に一遍
くらいというのが多いのではないでしょうか。そこでお小遣いの額でということ
でしょうが、おもちゃで一緒に遊ぶ触れ合いがもっともっと大きい価値があると
思うのです。お年寄の知恵と技で頑張ってもらいたいと思います。

お年寄と触れて育った子供達は情緒が安定している。子供が驚いた時、感動した
時、嬉しかった時共鳴者になってあげるお年寄が欲しいのです。
蟻んこが何か虫を運んでいるのを子供が夢中になってみている時、しゃがみこん
で一緒になって、じっくりと観察してくれるのはお年寄だけなのです。

************************************************************************
[232]

┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2004.08.11
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 232 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

------------------------------------------------------------------------

このメールマガジンのバックナンバーは「まぐまぐ」より全てご覧になれます。
また、表題と講師別のリストはインプットアルファ現代情報研究所のHPに用意
されています。あわせてご利用下さい。

「まぐまぐ」http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000026706
「バックナンバーの本棚」 http://i-alpha.com/ouenbn.htm

------------------------------------------------------------------------

いつも当メルマガをご愛読いただき、誠にありがとうございます。
ひょんな事から、「まぐまぐ」のメルマガ人気ランキングに参加することになっ
てしまいました。

でも、参加した以上は読者開拓も含め、ある程度の投票を頂きたいので、よろし
くご協力お願いいたします。

下記のURLから投票が出来ます。
ぜひ、一票を投じて下さい。

●読者でなくても投票は出来ます。
●同じパソコンからでも6時間が過ぎれば何度でも投票が出来ます。
●「お気に入り」に登録しておくと便利です。

■読者投票個別ページURL ↓ここから投票して下さい↓
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/mag2books/vote.cgi?id=0000026706

■読者投票実施期間
8月6日(金)〜8月20日(金)

■読者投票トップページURL
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/mag2books/vote.cgi

なおエントリーマガジンの並び順は、オープン時はマガジンID順ですが、得
票数順で随時並びかわります。

■投票ルールについて
6時間以内に同一IPから投票することはできません。

■『まぐまぐBooksアワード』今後の予定
8月6日…一般読者投票開始
8月20日…一般読者投票終了
9月中旬…審査委員審査を経てアワード結果発表

●なお、こちらのメルマガも同時に参加しております。
一緒に投票して頂けると幸いです。よろしく。
ドクターペッパー倶楽部/世界一の美味、ドクターペッパーを応援しよう
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/mag2books/vote.cgi?id=0000085312

インプットアルファ現代情報研究所 小林 高一

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.232 -
[双葉山 定次] ヒューマンコミニケーションセンター/中村 豊秀
------------------------------------------------------------------------

不世出(滅多に世に現れないほど優れている)の名横綱と言われた双葉山は、明
治45年大分県に生まれました。
6才の時、友達と遊んでいて、吹き矢が当たり、右の目が見えなくなります。
又少年時代、父の手伝いをしていた舟の作業で、右手の小指もつぶしています。
この二つのハンディキャップを持ちながら、あの69連勝の偉業を成しとげたの
です。

乃木希典大将も、子供のころ左目の視力を失いました。小泉八雲(ラフカディオ
ハーン)も片目が見えませんでしたが、たくさんの日本を愛する著書を残した作
家です。全盲の塙保己一をはじめ、ヘレンケラーとか昔から障害を克服した努力
の人はいろいろありますが、特に双葉山の場合は力士ですから驚きます。
双葉山の強さ、仕切りの美しさについて、アナウンサーだった山本照という人が
「土俵に上がったら、無駄な動きをしなかった。必ず受けて立つ相撲も、目が悪
かったから、自分から突っかけるのを不利と考えた。二枚腰と言われた腰で土俵
際での大きな打っちゃりは見事なものでした。やはり大したものだ」
と言ってます。

また当時、実力派の人気力士だった五ツ島と笠置山はそれぞれ
「一生懸命取り組んでいると、途中でどうしたんだろう、いなくなっちゃったん
じゃないか、と思うことがある」
「双葉関の土俵人格は神に近かった。双葉関は無になっているから、こちらの闘
志が吸い込まれてしまう。17回合って一度も勝てなかった」
と語っています。
五ツ島には、双葉山が空気のように感じられたのです。

大関になって間もないころ、双葉山は安岡正篤先生から、木鶏の話を聞きます。
古典の「荘子」や「列子」に出ている寓話(教訓や風刺を織り込んだたとえ話)
で、本当に強い闘鶏は、空威張りもしないし、無闇に戦闘的でもなく、ちょっと
見たところ木鶏(木で作った鶏)のようである。そうなれば徳が充実し、勝敗も
超越して、天下無敵となるというのです。

昭和14年1月14日、双葉山は安芸の海に敗れ、連勝は「69」でストップし
ました。双葉山の電報が、インド洋上にあった欧州航路の船中の安岡先生に届き
ます。「ワレ、イマダモッケイタリエズ。」・・・「私はまだ先生から教えられ
た木鶏のような境地にはなれませんでした」という意味でしょう。
安岡先生は電報を持ってきたボーイに向かって「双葉が負けたよ」と言われまし
た。

双葉山はその後、福岡県筑紫郡山中の滝に打たれて修業、復帰して再び連勝をか
さねたこともありましたが、昭和20年の敗戦に大きな衝撃を受け、引退を決意
します。

昭和35年、相撲協会理事長になり、相撲界の改革にあたりました。親方となっ
てからの名は時津風定次であります。時津風部屋は、彼一代で一横綱・三大関を
育て、幕内が26名、関取の合計は48名という盛況でした。

名選手必ずしも名監督ならずと申しますが、双葉山は自分が名力士であっただけ
ではなく、名親方、名理事長でありました。一度負けた相手には、二度と負ける
ことがなく、ハンディキャップを乗り越え、敬子と研究、精神の修養を続けた人
だったのです。
昭和43年(1968)56才で亡くなりました。

************************************************************************
[233]

┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2004.08.18
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 233 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

------------------------------------------------------------------------
今週はメールマガジンかしこく、たのしく、心の時間 2004年4月18日号」より、
許可を得て転載致しました。メールマガジンは無料で下記より購読出来ます。
http://www.lifemile.jp/

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.233 -
[やめられない止まらない「依存症」] 心理学者 和田秀樹先生
------------------------------------------------------------------------

「ひとり」でハマると、やめられない止まらない「依存症」

●「ひとりでやるもの」であることに注目してください

「かしこく、たのしく、心の時間」で以前にも何度か述べたことがありますが、
今回は、買い物やパチンコ、アルコールなどの「依存症」に陥らないための予防
法を紹介します。
まず、買い物やパチンコ、アルコールなどに依存してしまうのは、不思議なくら
い、「ひとりでやるもの」であることに注目してください。

例えば、アルコール依存症は、酒乱のイメージが強いかもしれませんが、他人と
一緒に飲むような人であれば、少々酒癖が悪くても、アルコール依存症には、ま
ずなりません。キッチンドランカーのように、相手もなしにひとりで飲んでしま
う人が危険なのです。

買い物依存症の人やパチンコ依存症の人にしても、ひとりでハマり込むうちに、
「やめられない止まらない」状態になってしまうわけです。逆に、「ひとりでや
るものだと、依存症になりやすい」ということを、依存症の予防に使うこともで
きます。

胸がワクワクするくらいの、思い切った買い物をするときや、お酒を飲んだり、
パチンコに行ったりするときは、ひとりで行動するのではなく、仲間とつるめば
良いのです。人に「買い過ぎよ」とか「飲み過ぎよ」と言ってもらえるだけで、
依存症になるまで、ハマってしまうことはなくなるでしょう。

ただし、これは麻薬や覚醒剤には有効ではありません。
仲間が周りにいるにも関わらず、「やめられない止まらない」状態になってしま
うのが、クスリの怖いところなのです。
そのため、麻薬や覚醒剤などのクスリは、依存性薬物と呼ばれるのです。

●一度「魔がさす」と、のめり込んでしまうのです

「依存症」になる次の落とし穴は、買い物やお酒を始めるときの精神状態です。
例えば、失恋直後で落ち込んでいる時や、職場の人間関係がうまくいかず、むし
ゃくしゃしている時に、気晴らしのつもりで、思い切って高級ブランドなどを
買ってみることもあるでしょう。

落ち込んでいる時や精神が不安定な時は、人間はモノの見方が変わるものです。
普段は「私が、ブランド品にハマるはずがない」と思っている人であっても、
「こんな楽しい時間があるなんて知らなかった」
「今までの人生は何だったのかしら」と感じてしまうことは少なくないのです。
心が不安定な時には、いわゆる「魔がさす」ことがよくあり、一度、魔がさして
しまうと人が変わったように買い物やギャンブルなどにのめり込んでしまうので
す。そのため、「やけ買い」「やけ飲み」「やけ食い」は、結構、危険なものな
のです。

むしゃくしゃしたり、落ち込んだりしてどうしても「やけ買い」か「やけ飲み」
がしたいのなら、親友でも誘って、パーッとやった方がはるかに安全です。

●自己愛が満たされるために、やみつきになってしまうこともあります

買い物依存症の場合は、実際に自己愛が満たされるために、やみつきになってし
まうこともあります。資本主義の世の中ですから、高いモノをたくさん買う客は
非常に大事に扱われます。

特に、職場や夫、ボーイフレンドなど、日頃、自分の周りにいる人たちに、自己
愛を満たしてもらえていない人にとっては、普段は、すました顔をしたデパート
のブランド品売り場の店員が、手の平を返したように、自分のことを得意客とし
て扱ってくれることで、天にも昇る気分になるでしょう。
また、高級品を持ち歩いていると人に注目されるので、やはり自己愛が満たされ
ます。

ところが、周囲に注目されるためにモノを買うのではなく、モノを集めること自
体が、目的化することも珍しくありません。新品のままのバッグが、家の中にご
ろごろ転がっていたり、袖も通していないブランドの服が、タンスの肥やしにな
っていたりといったケースです。

精神分析家たちは、このようなモノを集めること自体が目的化した人たちのこと
を「コレクター」と呼び、「依存症」とは、別の解釈をします。

コレクターと呼ばれる人たちは、モノを集めることによって、硬い皮や鎧を身に
付けている気分になり、不安などで心理的にバラバラになりそうな状態から自分
を守っているのだと言うのです。
逆に、この硬い皮や鎧がないと生きていけないのが、コレクターなのです。

■□■ 和田秀樹プロフィール ==========================================

老年精神医学、精神分析学(特に自己心理学)、集団精神療法学を専門とする。
受験技術研究家の顔も持ち、受験生や若者にファンも多い。

著書として、心理学を能力開発に応用した意欲作『大人のための勉強法』、誰で
もわかるハイレベルの心理学書『痛快!心理学』など、数多くのベストセラーを
生み出している。

************************************************************************
[234]

┏┯┯┓input-alpha/mail magazine ( 10 ) ===============================
┠●┼┨ 発行/2004.08.25
┠┼○┨ 素晴らしい人生のために/今日の応援歌 【 第 234 号】
┗┷┷┛================================================================

●人生を生きていくとき、くじけそうになることはありませんか?
人生が素晴らしいものであるよう、素敵な言葉の応援歌を送ります。
ぜひ、お読みになった感想をお寄せ下さい。ほんの少しの言葉で結構です。

------------------------------------------------------------------------

今週はメールマガジン「まいどおおきに!138号」より、許可を得て転載致し
ました。メールマガジンは無料で下記より購読出来ます。
筆者の羽田さんは二度目の登場です。軽いお話をお楽しみ下さい。

http://www.mkc.zaq.ne.jp/dar cp9JAtQ または、まぐまぐHPからID18654で

----------◆CONTENTS◆------------------------------------2004 vol.234 -
[甘え上手] 合資会社ナショナルクラブモータース/羽田 英司氏
------------------------------------------------------------------------

まいどおおきに。
全然どうでもいいことなんですけどー

例えば高校生の頃って
誰でも学校の帰り道に自転車を二人乗りして帰ったりした記憶があると思うので
すが〜

まぁそりゃ道交法違反ですけど、それはそれとしてですね。
自分達の世代って、普通に男が前で女の子を後ろに乗っけるというスタイルだっ
たと思うんですが、
最近の若い子って、女の子がフラフラしながら自転車をこいで、男の子が後ろに
乗ってるように、よく見かけませんか??
なんで男の子がこいであげないんだろぅ?
なんで女の子は後ろに乗らないんだろぅ?
ちょっと不思議!?

そういうと、でも。
自分よりも少し上の世代は必ずおうちのクルマはお父さんが運転してる。
奥さんも免許を持っていて、もちろんご自分でも運転なさるんですが、
「こいつの運転なんか怖くて乗ってられへん!」なんてついつい愚妻発言。
と言いながら、出勤前は駅まで奥さんの運転で送ってもらったりする。

というか、実は日曜日しか乗らないお父さんよりも
毎日の駅までの送迎と、スーパーへのお買い物で
奥さんのほうが乗ってる回数も多いし、うまかったりして(^^;

若いカップルのお二人は、
自分にはローダウンバリバリのフルエアロ武装した、ひとも振り返るぐらいに気
合の入れたクルマがあるのに、普段うちに来るときは、
いつも彼女の軽自動車で彼女の運転という男の子もいます。

「こっちのほうが楽やし〜」と彼氏
「自分のんガソリン入ってないっていっつも言いやんねん」と彼女
彼女と会うとき乗らんかっていつ乗るん?とかちゃかしますが、
ツレと走りに行くときに、ピカピカに磨いて爆音轟かせていくらしい(^^)
「運転してくれてたんなんて始めのうちだけやしー」と、
いつも助手席にさっさと座る彼氏。
「こいつのほうが運転うまいですしね!」とちゃっかり誉めたりする

ふーん。うまいなぁ(^^;

商談は女性を攻めるのは常套手段でして(^^)

ご夫婦なら奥さん、カップルなら彼女、どちらも女性のほうにさりげなくアプロ
ーチして、商談の進み具合を探ったりします。
だいたい奥さんや彼女さんに気に入られたら、まずはひと安心。
あれが良いかなこれが良いかなと悩んでいるお父さんも、
奥さんの「これがいいわぁ」のひとことで決まり!!
逆に奥さんの「あたし、わからんから何でもいいわ」のひとことでも、
これまたその後はスムーズな商談の流れが。

決めようか決めまいか悩んでいらっしゃるお父さんには、
「もう、何件周ってもおんなじちゃう?」
の奥さんのひとことで決まったも同然。

あと一押し「このひとやったら真面目そうやし」と、こちらを誉めていただける
一言がでればお買い上げ間違いなしです(^^)

逆に、彼女さんにでも「ここはイヤや」と耳打ちされようものなら、せっかく彼
氏の探していたクルマであっても、
「すいません、また来ます」というカンジでお流れ〜に。

ついつい出ちゃう愚妻発言も愛情の裏返しなのはわかるから、
素直に甘えられない世代とちゃっかり甘え上手な世代の違いかなーと。
で、結局のところ主導権はいつも女性に(?)

自転車の二人乗りも、
「しんどぃしー。交代してーや」って言い合えるから甘えれるのかな?
「ちゃっかり」に見える自分こそが素直じゃないだけなの かなぁ?

========================================================================
IA magazine 素晴らしい人生のために 毎週水曜日発行(週刊誌) No.234

責任■小林高一/インプットアルファ現代情報研究所 ko-ko@bb.futaba.ne.jp
執筆■中村豊秀/ヒューマンコミニケーションセンター ldj@if-n.ne.jp
配信■まぐまぐ 0000026706 http://www.mag2.com/ 登録と削除もこちらから

Copyright(C) 2000-2004 Toyohide Nakamura All rights reserved. 無断転載禁
========================================================================


トップページに戻る  メールマガジン一覧表に戻る  次の号を見る 前の号を見る