連珠(五目並べ)を楽しもう!
Five-in-a-row
Luffarschack、Gomoku
GO-BANG,Renju,Omoku
聯珠、格五
ごならべ、五子、五子棋
五丁、五目、五目並べ

みんな連珠の仲間です
 ★わくわく連珠ランドへ、ようこそ! 連珠(五目並べ)を楽しもう!

「ごならべ」が、今や"RENJU"となって世界のゲームになりました。
子供の頃、貴方も楽しんだのでは?
この、日本発祥のすてきな盤上競技を
一緒に楽しんでみませんか。
日本連珠サービスのサイトです。                

連珠の用語集

連珠にも専門用語というのがあります。
覚えるまでは大変かもしれませんが、使ってみると
対局の感じなどがとてもわかりやすくなります。

用語も色々ありますので、あちこちのぞいてみて下さい。
こちらも少しずつ増やしていきますので、
「これ、どんな意味?」などと思ったら、どんどんメール下さい。

Room.1 ●基本的な用語
(更新 2009.1.15)

用語 読み方 意味
先手
後手
五連
四連
長連
せんて
ごて
ごれん
しれん
ちょうれん
黒石をもって先に打ち出す方。または、白番・黒番関係なく相手に攻撃を仕掛けている方
白石をもって後から打ち出す方。または、相手の攻撃を受けている方を指すときもある。
タテ・ヨコ・ナナメのいずれかに、五つ連続に並んだもの。
両端の止まってない四。棒四とも言う。
六つ以上連続に並んだこと。黒は禁手だが、白は勝ちとなる。
活四
活三
眠三
四々
三々
四三
かつし
かつさん
みんさん
しし
さんさん
しさん
両端のいずれかが止まっている四、およびトビ四。五になる可能性のある四連。
止まっていない三。またはトビ三。
止まってる三。次に四になる手。
活四または四連が同時に二つ以上できること。黒は禁手、白は自由(勝ちとは限らない)
活三または三が同時に二つ以上できること。黒は禁手、白は自由(勝ちとは限らない)
活四と活三が同時に衝点にできること。勝ちの基本で黒はこの勝ち方に限られる。
六腐
追い手
四追い
ろっぷ
おいて
しおい
黒の三が長連筋になったこと。白の有力な戦法の1つ。白には使われない用語。
攻め手の総称。「ヒク」「ノビル」「ミセル」「フクム」などの総称。
連続の四で攻撃するきわめて強力な攻め方。
ミセ手
両ミセ
ノリ手
ノリ切り
アテル
フクミ手
呼珠
ヒク
ノビル
タタク
みせて
りょうみせ
のりて
のりきり

ふくみて
こしゅ
ひく
のびる
たたく
次に四三が出来るような手。「ミセル」
次に四三勝ちになるところが、二ヵ所出来るように打つこと。三ヶ所なら三所勝ちという。
相手の追い手を防ぎながら、追い手で応じること。「ノル」
乗り手をさらに乗り返し、尚且つ自分に四連ができていること。
ノリ手のうち、三で応じたもの。
次に四追い勝ちになるような手を打つこと。攻めにはかかせない。
追い手ではないが、休んで形を整え、次の攻撃に備えること。
活三を作ること。「三を引く」
眠三を活四にすること。
眠三の止まってない方を止めに行くこと。
組み立て
反対
定石
変化
最強
慣手
腐らせる
珠型
くみたて
はんたい
じょうせき
へんか
さいきょう
かんしゅ
くさらせる
しゅけい
ち型を作ること。
活三の反対の方を止めること
最善の手順として記されている打ち方。
良く知られた手に対し、異なった止め方をすること。
一番強い防ぎ方。往々にして最善ではない。
定石に次いで、一般的に用いられている黒Dの打ち方。
黒を六腐に追い込むこと。
三手目までを固定した型。連珠の基礎で26珠型ある。

用語集トップに戻る


インプットアルファ現代情報研究所日本連珠サービス
ホームページ上のコンテンツおよび連珠問題等、すべての無断転載を禁じます
 Copyright (c) 2001-2009 / NRS and input-alpha All rights reserved