連珠(五目並べ)を楽しもう!
Five-in-a-row
Luffarschack、Gomoku
GO-BANG,Renju,Omoku
聯珠、格五
ごならべ、五子、五子棋
五丁、五目、五目並べ

みんな連珠の仲間です
 ★わくわく連珠ランドへ、ようこそ! 連珠(五目並べ)を楽しもう!

「ごならべ」が、今や"RENJU"となって世界のゲームになりました。
子供の頃、貴方も楽しんだのでは?
この、日本発祥のすてきな盤上競技を
一緒に楽しんでみませんか。
日本連珠サービスのサイトです。                
五目並べってなに? 連珠ってなに?

日本には将棋や囲碁、最近ではオセロなどいろいろなゲ―ムがありますね。
「五目並べ」もそんなゲ―ムの一つです。
「五目」「五丁」など、いろいろな呼び方と全国にロ―カルル―ルがあります。
そして日本はもとより同じようなゲ―ムが世界中にあります。
でも、最近の研究では本で江戸時代後期に発祥したゲームだということが判りました。

早く5つ石を一直線に並べるだけの、単純ですが奥の深いゲ―ムなんです。
皆さんが子供の頃紙に升目を書いて、赤と黒の○を書いて遊んだ、あのゲ―ムです。
思い出しましたか?

子供の遊びだと思われがちなこのゲ―ムが、実はとても面白いゲ―ムで、今、世界中でちょっとしたブ―ムになっているのです。本家の日本をはじめ中国、ロシア、スゥェ―デン、リトアニアなどが盛んで、代表を出して二年に一度世界選手権で戦っています。

日本では「名人戦」が毎年開かれ、A級リーグ戦をはじめ、熱い戦いが繰り広げられます。
正式な名称を「連珠(れんじゅ)」といいます。聞いたことがありますか。

【どうやって遊ぶの?】

子供の時やったル―ルをごく簡単にいうと、次のようになります。
1/碁盤か紙に升目を作って
2/白黒の石を(または黒と赤のペンで)交互にうち、
3/早くタテ・ヨコ・ナナメいずれかに5つ並んだ方が勝ち

付け加えて、
4/三が二つ同時にできるのは三々といって「遠慮」する
5/五ができたときどちらかに空白の升目がないとだめ
などといってませんでしたか。

まあ、ごく小さい子供の遊びではこれで良いでしょうが、「遠慮」などと言っていては
ル―ルになっていません。きちんとした競技場(盤)とル―ルが必要です。

五目並べは、いろいろなロ―カルル―ルがあって、それが、広報・普及活動の妨げになっていたのですが、今では社団法人の日本連珠社という組織で作ったル―ルに統一され、公式戦は全世界で同じル―ルが使われています。

【三とか四とか五って?】

五を早く作るゲ―ムですから、五の定義ははっきりさせましょう。

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ (五)は同じ色の石が五つ連続で並び
┠┼●●●●●┼┼A┼┼┼┼┨ その両端または片方が他の石か空白(盤端)であること
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●●○┼B┼・┼┼┨ タテ・ヨコ・ナナメは問わない
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠○●●●●●┼┼C┼┼┼┼┨ 簡単にヨコのケ―スだけで見てみましょう。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ A,B,Cは何れも五です
┠┼●●●●●●┼D┼┼┼┼┨ は五ではなく六になっていますね
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┠●●●●┼四┼┼三●●●┼┨ ちなみに左の盤面が正式な「連珠」盤です。
┠┼┼・┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┨ 碁盤より小さく15×15の線と5つの星(点)
┠●●●┼●四┼┼三●●┼●┨ がかかれています。
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
では、「四」はどうでしょうか。これは簡単です。
「五から石を一つとったもの」なんです。上の図で確認して下さい。
「三」は「(トビ四以外の)四から石を一つとったもの」ですね。

さて、ここですこしル―ルを決めましょう

1/ゲ―ムは15×15の線がひいてある連珠盤を使います
2/先手(先に打ちだす人)が黒石、後手が白石を使います
3/黒は盤の中央(天元)から打ちだし、交互に打ち進めます
4/いずれかタテ・ヨコ・ナナメに早く「五」ができた方が勝ちです
5/盤一杯に打っても勝負が決まらないときは引き分けです

この5つのル―ルは理解してもらえますか?
実はこのあと決めるル―ルで、黒=先手、白=後手ではっきりさせる必要があるのです。
のル―ルは「何手まで」という制限をしないということです。

【でも先手が必勝では】

これだけのル―ルでは確かに先手がとても有利です。
「五が先にできたら勝ち」ということは、先に打ちだした方が早くできて当然です。
ちょうど野球のル―ルで、先攻後攻に関係なく、早く点を取ったほうが勝ち、と言っているようなものですね。
それではゲ―ムとして成り立ちませんので・・・

この次が大切なル―ルです。

6/黒(先手)は五のできる前の三々、四々、長連を禁ずる(禁手)
7/6のル―ルを破ったものは、負けとする
8/白(後手)には禁手が無く、長連も五とみなす

さて、突然難しくなったようですね。
でも少し考えれば簡単です。

(三々/さんさん)は三が2つ以上同時にできたものです
(四々/しし)は四が2つ以上同時にできたものです
(長連/ちょうれん)は六つ以上並んでしまったものを言います

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ 左の図はいろいろな三々です
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ Xのところが三々になります
┠┼┼┼●┼┼┼┼┼X┼●┼┨
┠┼┼●X●┼┼┼┼●●○┼┨ 順々にできた三は、いくつできても
┠┼○●●┼┼┼┼┼X┼●┼┨ 三々とはいいません
┠●┼X┼┼┼┼┼X●●┼X┨
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼X┼┼┨
┠┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼●┼┨ 四々はYのところです
┠┼┼┼●●Y●┼┼┼┼┼┼┨
┠┼○┼┼●┼●Y●┼●┼┼┨ Zの所に打つと「長連」になります
┠┼┼A●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
○●●●Y┼┼┼┼┼┼・┼┼┨
┠┼○┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 言い換えると、黒は三と四が一つづつ
┠┼┼┼┼┼○●●●●Z●●┨ 同時にできた「四三」を作っていく勝ち方しかないのです
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

ここで、大切なのは白を止めるためでも「禁手」を打ったら負けだと言うことです。
「遠慮」といった曖昧なものでなく、打っても打たされても「負け」になるのです。
図の例ですと、次に白がと打ったとき、黒はには止められず、
結果として白勝ちになるのです。

【重要】黒が禁手を打った場合、白は次の手を打つ前に「禁手」であると、黒に宣言
    しなければなりません。あとからでは無効です。

さて、白は三々を打つのは自由です。でも三々を作っても勝ちではありません。
これは黒白どちらにも言えるのですが「五」をつくるゲ―ムですから、
「五」ができなければ勝負が決まりません。
四三ができても、白が三々を作っても、勝つどころか逆転されてしまうことがたびたびある
のですから。

【では白が有利?】

このように先手と後手のル―ルが違うゲ―ムは他に類がありません。
ル―ル上の不公平さが公平を生み出すことになり、連珠の面白さになりました。

とはいっても、このル―ルでもやはり黒が少し有利です。
同じ位の力がある人どうしの対戦では、白を持ってはなかなか勝てないでしょう。
公式戦などでは、これ以外にも対局規程としていろいろ決まりがあり、それでちょうどバランスが取れるようになっています。でも、まだ連珠を始めようかという貴方にはそこまですぐに
必要ありません。以上のル―ルで十分楽しめます。
対局は先手と後手を一局づつ打って(2局勝負で)バランスをとって下さい。

このように黒にたくさんの禁手(制限)を付けて、はじめて公平になるのですから、
今まで打っていたル―ルではとても不公平で先手必勝の「子供のゲーム」のはずですね。

【三とか四とか宣言しなければいけないのですか】

まったく不要です。分からないのが悪いのですから。
たとえば、三ではなく、この辺で勝ちやすくしようとする手を打ったとします。
その時に「この手は、あと三、三と打って四三を作るつもりです」なんて言いますか?

面白さはやってみなければ分かりません。
近くに対戦する人がいない場合は、一人でも楽しめる「詰め連珠」
メ―ルや葉書で楽しむ「通信戦」など、いろいろな楽しみ方があります。

年齢性別を問わず、連珠はとても面白いゲームです。
あなたもぜひ一手を打ちだしてみませんか。

質問トップページへ

インプットアルファ現代情報研究所日本連珠サービス
ホームページ上のコンテンツおよび連珠問題等、すべての無断転載を禁じます
 Copyright (c) 2001-2005 / NRS and input-alpha All rights reserved